正しいボールの見方を覚えましょう。

正しいボールの見方を覚えましょう。

んにちは!RYOYAです!

 

今回は、ボールの見方について
お話しします。

 

テニスでは全ショットに共通する
ボールの見方が存在します。

 

あなたはそれをご存知でしょうか?

 

ボールってどうやって見るの?

ストローク、ボレー、サーブ、スマッシュ
自分の打ってる姿を想像してください。

 

テニスには全てのショットにおいて
正しいボールの見方が存在します。

 

あなたはご存知でしょうか?

 

テニスでは、ボールを常に
見上げる状態を作るようにしましょう。

サーブ、スマッシュなどは
高いところのボールを打つため、
自然と見上げることが出来ていると思います。

 

しかし、
ストローク、ボレーの場合は
どうですか?

 

特に低いボールの時に
ボールを見下ろすように見ていませんか?

 

ボールを見下ろす姿勢になるということは
視線が落ちるため、背筋が寝やすいです。

 

 

低いボールに対して
見上げる姿勢を取るには
膝を曲げるしかありません。

 

ボールを見る姿勢を良くするには‥

テニスはボールを打つ姿勢
とても大事になります。

特に背筋が寝ると姿勢良く打つ時に比べて
ボールとの距離感がズレるため本来の打点と
ずれてしまいます。

 

 

自分の打ってる姿勢は自分で見るのは
難しいので他の人に見てもらう、動画を取るなど
客観的に見ることをオススメします。

今日のワーク

あなたがストローク、ボレーを打つ時に
ボールを下から見れているか
振り返って見てください。

 

また、ミスショットをした時に
ボールを下から見れているか
思い出して見てください。

 

上から見下ろしてボールを打ってた時の
具体的なシチュエーションを教えてください。

 

例)浅いボールの反応に遅れて
態勢が作れないで打ってしまった。

テニスの試合ではどうしても
低いボールを処理しないといけない
シチュエーションはあります。

 

態勢が崩れた時ほど
最低限の姿勢をキープすることで
カウンターが可能になります。

 

 

動かされて打った時に
ミスの多い人は目線を意識して
ボールを打つようにしましょう。

 

それでは、最後まで
お読みいただきありがとうございます。

コーチのおすすめ記事

あなたは今のまま練習しても試合で一生勝てません。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓