テニスで勝つためのフットワーク術PART3

テニスで勝つためのフットワーク術PART3

んにちは! RYOYAです。

 

今回はフットワークの要
スプリットステップ編その3
について紹介します。

 

前回の記事が見れてない方は
こちらから↓

テニスで勝つためのフットワーク術とは?PART2

 

前回、前々回でスプリットステップの
目的、意識、タイミングについて
お話ししてきました。

 

ここまでは、
ボールに反応して追いつくために
必要なことをお話ししてきました。

 

今回扱う内容は追いついた時に
バランスを崩さないで
打つ方法です。

 

バランスを崩さず打つには?

せっかく、ボールに反応して追いついても
バランスが悪い状態で打つと
ショットの成功率も下がってしまいます。

 

そこで、振り回されても
体勢を崩さないで
返球するコツを紹介します。

 

どんなショットを打つ時にも
体の重心を支えやすい体勢があります!

 

それは、スタンスを
広くとることです!

 

 

スタンスを大きくとることで
バランスが保ちやすくなり
ショットの威力も上がります。

 

逆にスタンスが狭くなると
重心を支えるバランスが崩れ、
力のあるショットが打てません

前後左右に走らされながら打つ時でも
2本足で重心を支えて打つ
意識してやってみてください!

まとめ

これまでに3回に分けて
スプリットステップのあるべき姿について
お話ししてきました。

 

スプリットステップは
テニス歴や運動神経を問わず、
誰でも実践可能なスキルです。

 

テニスの基礎中の基礎の部分ですが、
使いこなすことが
難しいです。

 

この記事を読んだあなたは基礎に戻って

ライバルとの差を
つけましょう!

 

それでは、最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓