テニスの試合で有効的な低く滑るスライスストロークを打つ方法!基礎編

テニスの試合で有効的な低く滑るスライスストロークを打つ方法!基礎編

んにちは!RYOYAです!

 

今回は
スライスストローク
についてお話ししていきます!

 

この記事を読むことであなたは

・プレーの選択肢の幅が
広がります。

・ラリーのリズムを変える
 試合巧者になれます。

・強打に頼らなくても
 ラリーで点が取れます。

 

攻撃的な選手も守備的な選手も
使える技術なのでこの機会に
是非習得して下さい!

 

それでは、紹介していきます!

スライスの打ち方の基礎

 

1 握り方

握り方は
コンチネンタルグリップに
しましょう。

 (別名包丁握りとも言います)

 

写真では1番の部分です!

 

サーブやボレーと同じ握り方です。
この握りが一番力が入り打ちやすいと
されています。

 

2 ポジショニングを
速くする。

 

スライスストロークは
下半身でタメを作って打つことで
より攻撃的なボールが打てます。

 

そのためには、ボールが来る先を予測して
余裕を持って待てるようにしましょう。

 

3 肩の高さ
ラケットをセットする

スピン、フラットのストロークを打つほど
ラケットを引かないでセットして
押し出すような感覚を持ちましょう。

 

4 3でセットした面で
そのままボールに当てる

 

スライスでよくやりがちなのが
手首でこねて操作してしまうことです。

 

スライスはセットした面で
そのまま直線的にボールに
当てて下さい!

 

こねたらダメな理由は
次回の記事でまた詳しくお話しします。

 

コーチから読者へ
メッセージ

今回はスライスの基本的な部分について
お話ししました。

 

次回の記事でより詳しく
攻撃的なスライスを打つ方法について
お話ししますのでよろしくお願いします!

 

あなたもスライスショットをマスターして
戦略的なテニスプレイヤーになって下さい!

 

それでは、最後までお読みくださり
ありがとうございます!

コーチのおすすめ記事

無料体験メンタルコーチング

 

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓