テニスの試合で有効的な低く滑るスライスストロークを打つ方法!応用編

テニスの試合で有効的な低く滑るスライスストロークを打つ方法!応用編

んにちは!RYOYAです!

今回は

スライスストロークについて
お話ししていきます!

 

スライスを使うメリット

・プレーの選択肢の幅が
広がります。

 

・ラリーのリズムを変える
 試合巧者になれます。

 

・強打に頼らなくても
 ラリーで点が取れます。

 

攻撃的な選手も守備的な選手も
使える技術なのでこの機会に
是非習得して下さい!

 

それでは、紹介していきます!

滑るスライスの打ち方を
ご存知でしょうか?

 

私はよく
「スライスが浮いてしまう」

 

こんな意見をよく頂きます。

 

スライスは一度打ち方を
マスターすれば便利なショットです。

 

しかし、マスターするまでに
苦戦する人が多いショットです。

 

そこで今回

・浮いたスライスになる原因
・滑るスライスになる方法をお伝えします。

 

浮いたスライスになる原因

・インパクトの時に面が上を向いている

・ダウンスイングになっている

・手首が固定されていない

 

アンダースピンがかかってしまい、
フワーッとしたボールにしかなりません。

滑るスライスを
打つポイント

・手首を固定して
垂直なインパクトを心がける

・ボールの上から被せるようにして
 厚い当たりをイメージしましょう!

・後ろから前に押し出す

・フォロースルーを前方に大きく取る

 

今回は滑るスライスを打つ
即効性のあるアドバイスを中心に
まとめました。

自分の中でいくつか試して
手応えのあるものを
掴んで欲しいと思います!

スライスが浮いてしまう
根本の理由は面が上を
向き過ぎてしまうことです。

スライスはボールの下側を
触る感覚は大切です。

 

しかし、ラケットの面自体は起こして
後ろから前に押し出すように打つ。

 

そのためにもラケットを少し引きつけて
打つことを意識してみてください!

それでは、最後までお読みくださり
ありがとうございます!

 

コーチのおすすめ記事

無料体験メンタルコーチング

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓