あなたのストロークは手打ちスイングになっていませんか?

あなたのストロークは手打ちスイングになっていませんか?

んにちは!RYOYAです!

 

今回は
手打ちスイングを解消する方法
紹介していきます!

 

 

手打ちスイングを克服することで

・ストロークの威力と安定感が増します。

・試合の終盤で疲労が重なっても
自分の調子を整えることが出来ます。

・チャンスボール、振り回されて
打つボールを面で捉える仕組みを理解できます。

あなたのストロークのレベルを
上げる大事な話になりますので
是非読んでみてください!

 

それでは、紹介していきます!

あなたは手打ちを
していませんか?

あなたはコーチなどから

「リラックスして打ちましょう」
「力まないように打ちましょう」

こんな風に言われた経験がありませんか?

 

このようなアドバイスを受けた人は
腕中心のスイングになっている
可能性が高いです。

全てのスイングは
腕を通じて行われます。

プロの場合、強いボールを打つために
スイングの終盤に若干力を入れてボールを
打っています。

しかし、意図もわからないで
プロの真似をすると制御の効かない
手打ちショットになる可能性が高いです。

 

手打ちが引き起こす危険性

あなたも想像して欲しいのですが、
ラケットを全力で握って
スイングするとどうなると
思いますか?

 

打感を感じることが出来ず、
ショットの安定性を失ってしまいます。

さらに、腕だけに力が溜まってしまい、
下半身の力、体幹の動きを利用した
スイングが出来なくなります。

 

最悪の場合、腕に負担がかかり
テニス肘を引き起こしかねません。

 

このような事態を引き起こさないためにも
力まない脱力したスイングを心掛けて下さい。

 

コーチから読者へ
メッセージ

テニスにおいて腕は下半身、体幹の力を
ボールに伝えて力を制御するためのものだと
思ってください。

 

あなたが普通に歩いて転びそうになった時に
衝撃を和らげようと自然と
手を地面につけますよね?

 

プロの連続写真を見ると腕の動きが
激しく見えますが、あくまで体幹の動きが
主体のスイングであることを理解してください!

それでは、最後までお読みくださり
ありがとうございます!

コーチのおすすめ記事

無料体験メンタルコーチング

 

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓