あなたのフットワークは正しいですか?

あなたのフットワークは正しいですか?

んにちは!RYOYAです!

今回はストロークの際の
ボールに対する入り方について
お話ししていきます。

 

フットワークの要素でもありますが、
今回は誰でもすぐに実践できる内容を
まとめました。

 

自分の中で一番力の入る打点で
ボールを打つには楽な姿勢を
作る必要があります。

 

せっかくボールに追いついたとしても
ボールを打つ姿勢が悪ければ
攻撃に転じることは出来ません。

 

テニスでは、動かないで打つボールより
走ってから打つことが多いです。

 

そのため、姿勢を崩されても
ある程度保つ力も必要とされます。

 

・姿勢を保つ
ボールの入り方

あなたも聞いたことが
あるかもしれませんが

 

ボールに対しては
弧を描くようにして
入りましょう!

聞いたことある人も
いるかもしれませんが、
改めて解説します!

 

テニスでは、動くボールに対して
自分も移動しなければいけません。

 

そのため、ボールとの距離感に
ブレが生じやすいです。
(意外と認知されていないです。)

 

ボールに対して直線的に入ってしまうと
距離感のズレに対応できず
詰まりやすくなります。

 

一方、弧を描いて入ることで
多少の距離感のズレを修正する
余裕が出来ます。

 

さらに後ろに下がったスペース分
前に踏み込む余裕が出来るため
ボールの威力も上がります。

 

コーチから読者へ
ワンポイントアドバイス

振られて打つ際に軸足ではない脚
(右利きならフォアは左足、バックは右足)

 

踏み込んで打つときに
ヒールコンタクト
意識してみましょう。

走らされたボールに対して
追いついて威力のあるボールを
打つにはバランスを保つことが必要です。

 

 

かかとから着地することによって、
膝が半強制的に曲がります。

それによって、ボールを打つ姿勢を
崩さないで打つことができます。

 

レベルが上がるにつれて
相手の攻撃をただ凌ぐだけでは
限界が来てしまいます。

 

ボールへの入り方をマスターして
相手から戦いにくいと思われる選手を
目指しましょう!

 

それでは、最後までお読みくださり
ありがとうございます!

コーチのおすすめ記事

無料体験メンタルコーチング

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓