テニスの試合でチャンスボールで失敗しやすい理由を教えます。

テニスの試合でチャンスボールで失敗しやすい理由を教えます。

んにちは!RYOYAです!

 

今回はストロークの
踏み込み足の役割について
紹介します!

 

チャンスボールで
踏み込んで打つと
ミスしてしまう

こんな悩みをよく頂きました。

そこで今回は技術的な面から
チャンスボールが失敗しやすい
理由についてお話しします。

チャンスボールを
失敗しやすい理由

ストロークのチャンスボールで
失敗する要因で一番大きなものとして
バランスを崩すことが挙げられます。

通常はベースライン付近にいる状態から
前に詰めて打つことが多いです。

 

しかし、前に詰める際に全力疾走で
バランスを保てないで前傾姿勢になり
結果的に窮屈なショットをよく見ます。

 

 

かといって、全力疾走をやめると
そもそもボールに追いつけなる
可能性もあります。

 

全力疾走しても
バランスを保つには?

その答えは
軸足を決めた後の
踏み込み足にあります。

 

この時の踏み込んだ足には
自分の体重後方から前方に走った余力
2つの力の負荷が加わっています。

 

そのため、
体重を支えきれなくなってバランスを崩し、
打点がブレやすくなります。

 

 

踏み込んで打つときに
気をつけるポイント

・踏み込み足でバリアを作るイメージを
持ちましょう。

 

車で言うなら
ブレーキのイメージです。

踏み込み足でこれ以上
体が前傾にならないように
ストップをかける意識を持ちましょう!

 

・踏み込みを垂直に行う
イメージを
持ってください!

厳密には走りながら打つため、
垂直の状態を作るのは不可能に近いため、
あくまでイメージでOKです。

 

後方から前方に体重移動する際に
自分の体重を支えるために踏み込み足を
寝かさないようにしましょう。

 

それによって、
全力疾走でボールに追いついた後でも
バランスを崩さずにインパクト出来ます!

 

コーチから読者へ
メッセージ

今回は踏み込み足の役割について
お話ししました。

 

前回の記事で紹介した
ヒールコンタクトを使うことでボールへの
安定感を高めることが出来ます。

まだ、読んでない方はコチラから↓

テニスで勝つためのフットワーク術とは?part1

 

テニスは良い姿勢から
力強いボールが生まれます!

 

自分がどんな姿勢で
ボールを打っているかを
確認してみてください!

 

それでは、最後までお読みくださり
ありがとうございます。

 

コーチのおすすめ記事

無料体験メンタルコーチング

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓