テニス 姿勢が崩れないためにすること

テニス 姿勢が崩れないためにすること

んにちは!RYOYAです!

今回はボールを見るための
最適な姿勢についてお話します。

 

姿勢が大切な理由

前回の記事で利き目について
お話ししましたが、利き目がわかっても
姿勢が悪ければ効果を発揮しません。

前回の記事が見れてない方は
こちらから↓

テニス 距離感が掴めない理由

 

ラリーでストロークを打つ際に
ワンバウンドしたボールを打つことが
多いはずです。

 

ボールとの距離感が合わないと
感じるあなたはボールに合わせて
首が上下してはいませんか?

 

ボールを見る意識はいいのですが、
ボールにだけ注目してしまって
いるからです。

 

 

テニスを初めて間もない時は
ボールをガッツリ見ることが大切です。

 

しかし、レベルが上がると
相手のポジション、オープンスペースを
見る力も必要になります。

 

 

どのような姿勢で
ボールを見れば良いか?

 

1 頭を起こす

 

頭が寝た状態だと
体が前傾姿勢になってしまい、
自分の力の入る打点で打てなくなります。

 

また、視野を狭めてしまうため、
相手とコート全体を見るためにも
体を起こしましょう。

 

2 あごを引いて待つ!

目線を安定させるために
あごを引きましょう。

 

ずっと、あごを引く必要はありません。
バウンドに合わせてあごを引くことを
覚えておきましょう。

 

3 目線を水平に保つ

利き目を生かすための理由は
ここにあります。

 

目線を水平にすることで
ボールの軌道をイメージ
しやすくなります。

 

それによって、距離感のブレを
抑えることが出来ます。

 

特に利き目が後ろの状態で
処理しないといけないボールは
後ろの目を前に持ってきましょう。

 

それだけで視野が広がり、
プレーの質も上がります!

コーチから読者へ
メッセージ

もしかしたらあなたは
「当たる瞬間まで
ボールを見なさい!

このようなアドバイスを受けたことが
あるかもしれません。

 

しかし、ボールを見すぎることで
打点が必要以上に体の近くで
窮屈な状態になりやすいです!

相手のコートを見ながら打つことで
ボールも前の方で見ようとするため
打点に余裕が出来ます。

 

近すぎを防ぐためにも
顔を起こしてあごを引いて
目線を安定させて打ちましょう。

 

それでは、最後までお読みくださり
ありがとうございます。

 

 

コーチのおすすめ記事

無料体験メンタルコーチング

 

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓