テニス ボレーのコツ押さえましょう。

テニス ボレーのコツ押さえましょう。

ブログを書き始めて
1周年特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

んにちは!RYOYAです!

 

今回はボレーの基礎
について紹介します。

 

今回はローボレーやハイボレーと細かく
分けるより、どのボレーを打つ時にも
共通するテーマについて紹介します。

 

ボレーで一番大切なことは
なんだと思いますか?

 

 

それは
ボールを見ることです!

当たり前のことのように聞こえますが
実際に出来ていない人が多い
と思います。

 

ラケットを振るなって
指導されたことありませんか?

厳密に言えば、
振らないことが正解ではありません。

 

試合のレベルが上がってくると
ボレーに威力をつけたいために
若干ラケットを振っています。

 

なぜラケットを振っても
コントロール出来るのか?

 

それはボールを迎える準備に
無駄がなく、速いからです。

 

ボレーはストロークに比べると
相手との距離が短いです。

 

そのため、ボールを待つ時間が短く
より近い距離で返球をしなければ
なりません。

 

 

より安定感を出して行くには
準備を早くすることは
必要不可欠です。

 

そこで、早く準備をするためには
何を意識したら良いか紹介します。

 

ボレーの準備で
心がけること

1 ラケットをセットする。

 

相手の打つボールが自分のフォアかバック、
どちらに来るか分かったら来る方向に
ラケットを立てて待つようにしましょう。

 

よくやってしまうのが、ボールの
ところまで追いついてからラケットの
準備をしてしまうことです。

 

これでは、良い体勢で
ボレーが打てません。

来る方向が分かったら
まず、ラケットをセットしてください。

 

2 ラケットが常に
視界から消えない

ふわっとしたボールが来た時に
大振りしてミス

こんな経験ありませんでしたか?

 

大振りする原因はラケットが
視界から無くなって
いるからです。

先ほど1で述べたようにまず、
ラケットをセットします。

 

この時にラケットが視界から
なくならない
ようにしてください。

 

次に、ボールに近く際に
ラケットと顔の距離を
変えないようにしてください。

特にポーチを打つ際は斜め前に
走ることが多いはずです。

 

その際に、進行方向へ向かう力に負けて
ラケットが寝てしまうことがあるので
気をつけてください。

 

3 インパクトの瞬間を
よく見る

ここまではインパクトするまでの
過程について説明しました。

 

そして、このインパクトの部分が
とても重要です。

 

インパクトの時に
気をつけるべきポイント


自分の打つボールと
ラケット面を一緒に
見ましょう

 

自分がラケットのどこで
ボールを
捉えているのか

よく見てください。

 

これをすることによって自然と
ボレーの打点を体の前
捉えることが出来ます。

 

インパクトの瞬間を見ることで
自分のミスの原因に
気付きやすく
なります。

 

テニスにある程度慣れて来ると
他の部分に意識が行きすぎて、

 

自分の打ってるボールへの意識が
疎かになりがちです。

 

調子が悪いなと感じた時ほど、
インパクトの瞬間を
見るようにしてください。

 

コーチから読者へ
メッセージ

今回はボレーの基礎要素
ついてお伝えしました。

 

ボレーの技術を習得することで
試合中の自分の攻撃の選択肢が増え、
相手にとって脅威になります。

 

あなたも是非ボレーを習得して
自分のテニスの幅を広げて見てください。

それでは最後までお読み頂き
ありがとうございます。

 

コーチのおすすめ記事

無料体験メンタルコーチング

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓