テニス ポーチに出られない人必見!

テニス ポーチに出られない人必見!

んにちは!RYOYAです!

 

今回はダブルスで前衛が
するべき仕事
について
お話しします。

 

あなたはダブルスで棒立ち
プレイヤーになってはいませんか?

 

ダブルスといえばやはり
前衛がどれだけ相手にプレッシャーを
与えられるかがとても大切です。

 

ただ、突っ立っているだけで
パートナーにお任せだと
意味がありません。

 

しかし、中にはボレーに自信の
ない人もいると思います。

 

そこで今回はボレーに自信がない人でも
出来るダブルスで相手にプレッシャーを
与える方法を紹介します。

 

ボレーは苦手だからしない
という発想は辞めましょう

大会の上位の方の試合になると
平行陣のラリーが当たり前に
なりつつある時代です。

 

ストロークだけで打開するには
かなり高い技術が要求されます。

また、ボレーに自信がなくても
仕掛けることによって相手に
プレッシャーを作り出せます!

 

あなたもこれを読んで
試合巧者になってください。

それでは紹介していきます。

ペアとルールを
決めましょう

例えば、ファーストサーブが相手の
バックハンド側に行ったら絶対に
ポーチに出る!

など決め事を作っておくと
迷う必要がありません。

 

出ないといけないボールだから
出るしかないのです。

 

私の場合、
・ファーストサーブで
体勢が崩れたら出る

 ・最初の2ゲームの内、
最低1回はポーチをする

 

ダブルスのボレーで
大切にしてほしいこと


欲しいことは全部のボールを守る
必要はないということです。

 

テニス経験者でも意外と
勘違いしがちです。

ポーチに出る代わりに逆のコースを
突かれた時は仕方ありません。

 

全コースを満遍なく守ることは
出来ません。

 

ポーチに出る時は
迷いを捨てましょう

 

ポーチに行くと決めたら
走りきってください!

 

前衛がポイントに絡んで失点した場合も
自分からアクションを起こすだけで
相手にプレッシャーをかけれます。

 

相手の前衛を気にしてミスを
誘うことも出来ます。

コーチから読者へ
メッセージ

 

前衛は相手の好きなように
テニスを
させない!ことを
意識してください

 

ハッタリでもブラフでもいいので相手から
嫌がられる前衛になってください!

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございます。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓