テニスのサーブに一番求められることって何?

テニスのサーブに一番求められることって何?

ブログを書き始めて
1周年特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

 

 

 

んにちは!RYOYAです。

 

今回はセカンドサーブの重要性
に付いてお話しします。

サーブだけに存在するメリット

あなたはテニスで唯一誰にも
操作されないショットは何か
ご存知でしょうか?

それはサーブです!

自分でトスを上げて打つので
自分のタイミングで打つことが
出来ます。

 

ボレーにしろ、ストロークにしろ
相手が打って来たショットに対応して
返球しなければいけません。

 

しかし、サーブだけは
誰にも邪魔されずに打てます。

 

つまり、自分1人でも練習できるため、
一番武器にしやすいショットであることを
認識してください。

 

どんな対戦相手の
サーブが嫌ですか?

めちゃめちゃ速い
ファーストサーブが打てる

色んな球種のサーブが打てる
コントロールが良い

確かにどれも
大切な要素ではあります。

 

しかし、試合で勝ち上がって行く人は
次のサーブが打てる人です。

 

ゲームカウント4−5、30−40打つ
セカンドサーブの際入れに行く球ではなく
しっかり振り抜いて打てる人です。

 

 

もう後がない状態に立たされても
安定したセカンドサーブが打てる人が
勝者と敗者の大きな分かれ道になります。

 

テニスに芸術点は
存在しません。

サービスエースでかっこよく決めても
ポイントは2倍になりません。

 

ダブルフォルトで失点すると
チャラになります。

 

そこで今回あなたに伝えたいことは
絶対の信頼を持てるセカンド
サーブを作って欲しい!

ということです。

練習で100%入るサーブを
作ってください

テニスの技術は人によって様々なため、
自分がコントロールできる範囲の回転や
球威で100%入るサーブを練習してください

 

なぜ100%なのか?

それは試合でどうしても緊張や
プレッシャーと戦わなければ
いけない場面に遭遇するからです。

 

日頃から100%のサーブを
練習しておけば、本番で多少緊張しても
安定したサーブを打つことが出来ます。

 

さらに普段のサーブ練習から自分に
プレッシャーをかけましょう

例えば、10球連続入らなければ
コートダッシュ5往復など罰ゲームを
設定するのも良いかもしれません。

 

トッププロの選手ですら
ミスはあるため、ミスしない
選手なんていません。

 

しかし、ミスの回数を減らす
努力は出来ます。

コーチから読者へ
メッセージ

ダブルフォルトの失点は
テニスの失点パターンで
一番無益な失点です。

相手に何もしないで
ポイントを与えているからです。

めちゃくちゃ速いファーストサーブが
打てたとしても自信を持って打てる
セカンドサーブがなければ意味がありません。

 

試合で一つでも多く勝ち上がるために
自分からの失点を減らすように
心がけてみてください。

 

それでは最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

コーチのおすすめ記事

無料体験メンタルコーチング

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓