テニスはサッカーのフォワードとゴールキーパーの足し算です。

テニスはサッカーのフォワードとゴールキーパーの足し算です。

ブログを書き始めて
1周年特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

 

 

んにちは!RYOYAです。

 

タイトルを観て疑問に思われた方もいると
思いますので順を追って説明します。

ラリーではクロスストレート
セオリーが基本です

 

相手をクロスに走れせてミスを誘い、
短いボールが来たら

 

ダウン・ザ・ラインへ
ウィナーを狙う。

オフェンス戦術の代表格とも言える
戦術です。

 

勝利への絶対条件と考えるプレイヤーも
少なくありません。

 

強敵との試合で
自由にラリーが出来ますか?

おそらく後手に回りディフェンスをする
時間が増えるのではないでしょうか?

ディフェンスが多い展開の中で数少ない
チャンスを活かしてポイントを取るには

 

ディフェンスから
オフェンスへの切り替え速度
がとても大切になります。

そこで今回、ゴールキーパー
やりながらフォワードをする

 

「守りながら
攻撃するテニス」
その考え方について紹介していきます。

 

テニスはラリーのその瞬間によって
攻撃と守備が絶え間なく入れ替わります。

 

チャンスにすぐ攻撃に転じ、
ピンチに一早く対応できるか
上級者との試合ではとても大切になって来ます。

試合で自己記録を更新したいあなた!
このブログを通して
限界を突破に挑戦してください!

 

 

それでは紹介していきます。

 

守りながら攻撃する
テニスの考え方

先ほども言ったように上級者との
試合では守備の時間が多くなります。

 

そのため、この守備の質が鍵を握ります。

 

ここでは守備の種類を
3つに分けて考えます。

・守りながら守る
・守りながら様子をみる
・守りながら攻める

 

この3種類です。
この3種類でショットの内容を大きく
変えているわけではありません。

 

あくまで意識力加減の問題です。

また、テニスのベースラインを
サッカーでいうゴールマウス
だと思ってください。

このゴールマウスを突破されると
失点してしまいます。


つまり、
あなたはゴールを
突破されないようにラリーを
しなければなりません。

 

そのため、全てのラリーを
守備から入る
意識を持ってください。

 

しかし、守るだけでは
勝てません。

 

特に上級者相手になるとラリーを
繋ぐだけでは相手に対応されてしまいます。

 

この時に必要なことが攻撃へ転じる
タイミングの見極めです。

闇雲に攻撃に転じるのでは
自分のミスを増加させ、
相手の思う壺です。

 

エリアごとに
アクションを決めましょう

そこでおすすめなのが
エリアによってボールの
アクションを決めることです


それによって切り替え速度が
upします。

 

私は主に次の3つのゾーンに
ボールを分けてボールの配球を意識しました。

 

オフェンスゾーン‥

ベースラインとサービスラインに挟まれた
空間を半分にした際、サービスライン側の
エリアのことを指します。

 

自分が余裕を持ってボールが打てる時で
あれば守りながら攻めるボールを使って
相手へプレッシャーをかけていきます。

 

ニュートラルゾーン‥

先ほど説明したエリアの残り半分です。

このエリアは攻撃できるかどうか微妙‥
どちらかといえば相手の様子を伺いながら
慎重にいきたいところです。

 

守りながら様子を見て、
自分の余裕の有無で
攻守の判断を決めれると良いでしょう。

 

ディフェンスゾーン‥

ベースラインより後ろのエリアです。
ゴールを決められないようにするためにも
守備に徹しましょう。

 

ディフェンスゾーンから攻撃しても相手の
致命傷になることは少ないです。

守備意識を高めて少しでも
攻撃出来るボールを待ちましょう。

 

コーチから読者へ
メッセージ

今回、3つのゾーンと3種類の守備の
ボールについて説明しました。

 

自分より強い人との試合の場合、
ディフェンスゾーンで打たされることが
多いはずです。

 

しかし、ニュートラル、オフェンスゾーン
来たボールで攻撃に転じることが出来れば
自分の得点チャンスが増えます。

 

そのためには、
ディフェンスゾーンのラリーをミスなくこなし、

 

ニュートラル、オフェンスゾーン
勝負できるように粘り強くラリーしましょう。

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

コーチのおすすめ記事

無料体験メンタルコーチング

 

コーチのおすすめ記事

無料体験メンタルコーチング

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓