陸上競技から見たテニスのフットワーク

陸上競技から見たテニスのフットワーク

んにちは!RYOYAです

 

今回は、試合でコート内を
素早く移動する方法について
お話しします。

 

テニス相談を受けて
最も多い悩みの一つとして
フットワークを挙げられる方が多いです。

 

フットワークは、脚力が必要だと
考えておられる方が多いですが
厳密に言えば違います。

 

フットワークを
陸上専門家から見て分析

あなたは
速く走ること=才能、センスだと
思ってはいませんか?

確かにウサイン・ボルトほど
速く走ろうと思えば多少体格に恵まれたり
運動センスが求められるかもしれません。

しかし、現代では動画解析の技術が進んでおり
速く効率よく走る方法
研究されています。

 

そこで、今回は
足を速く動かすためのポイント
お伝えします。

 

今回、この記事を書いた理由

私は高校時代、
50m6.6秒1500m4分30秒でした。

 

自分で言うのもあれですが、
脚力には少し自信がありました。

 

しかし、自分より足の遅い
ジュニア選手の方がボールに
追いつくことが出来ました。

 

また、テニスコーチとして
選手の指導をしてきた際に年配の方でも
それなりのコートカバーが出来ていました。

 

フットワーク=脚力では
ありません

では、どうしたら無駄なく効率よく
ボールに追いつくことが出来るのか?

 

単純に速く走るには
足の回転×ストライド(歩幅)
です。

 

そこで今回は陸上のスプリンターの知識を
織り交ぜながら説明していきます。

スピードup
足の回転を速くする編

 

テニスの場合、0→80に
速くする必要がある。

 

50mや100mを走ったことがある人は
わかると思いますが、トップスピードに
乗るまでに時間がかかりますよね?

 

テニスの場合、10m,20mの短い距離を
トップスピードに乗せて走ることが必要です。

しかし、ただ全力で走るだけではダメ

テニスの場合、ボールに追いついた後、
相手のボールを返球
しなければいけません。

 

つまり、全力で走っても姿勢が
崩れてしまっては意味がありません。

 

つまり、テニスでは
車がアクセルを踏む加速力と
ブレーキを踏む減速力が求められます。

 

つまり、力み過ぎない
脱力した走りが求められます。

瞬時な反応でも脱力するコツ

走る時にラケットを持たない手を
パーにして内側に向けて走るようにしましょう。

 

そして、かかとから地面を蹴る感覚ではなく、
スキップのような宙にふわっ
浮きながら走る感覚を持ちましょう。

まとめ

今回の記事では、テニスのコート内で
足を速く動かすことに特化した内容を
お伝えしました。

スピードを出して走るための内容の
半分をお伝えしました。

次回のブログ予告

次回のブログでは、
足の歩幅を大きくする方法
についてお話しします。

 

あなたも試合でストロークを打つ時に
スピンやスライスなど色んなボールを
打つように足も使い分けが必要です。

 

力強いストロークを打つ時は
地面からの反発力をもらって打ちますが、
つま先に重心を置く走り方も必要になります。

 

今まで足元について
意識されなかった方は少しでもいいので
意識してみてください。

 

また、意識されてきた方は
今よりもどうやったら効率よく
足元を動かせるか考えてみてください。

 

それでは、最後まで読んでくださり
ありがとうございます。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓