挑戦を続けない限りあなたのテニスはこれ以上成長しません。

挑戦を続けない限りあなたのテニスはこれ以上成長しません。

んにちは!RYOYAです!

今回はトライする勇気について
お話しします。

あなたはこのような
経験はありませんか?

 

 

自分のショットのフォームが良くない‥

新しいフォームに挑戦を試みるもすぐに結果が出ない。

 

試合では、新しいフォームに自信がなくなり
今までの打ち方で勝負をする。

 

 

 

スピンサーブを打ちたい!

 

しかし、サーブがなかなか安定しない‥
試合では結局練習したスピンサーブは使わず
今までの打ち方で試合を乗り切る。

 

 

このように

新しいことに挑戦したけど、
試合では上手くいかなかった。

 

 

このような経験はありませんか?

 

トライする勇気

 

多くの人が試合で
トライしない理由

それはズバリ、
負けたくないからです。

ほとんどの人は試合では
勝ちたい!そう思って
プレーをすると思います。

 

しかし、
あなたは勝つことを意識するあまり
完璧主義者になってはいませんか?

 

考えて見てください。

 

あなたもテニスを始めたばかりの頃は
ラケットにボールを当てるのも
大変だったと思います。

そこから狙った方向に飛ばす、回転を掛けるなど
段階を踏んでレベルアップをしていったと思います。

 

つまり、新しい何かを習得するには
時間が必要です。

 

テニスの成長は数学のグラフと違って
右肩上がりとは限りません。

 

緩やかに上下しながら少しずつ
レベルアップしていきます。

いきなり高い成果を求めない

 

例えば、
スピンサーブをマスターする!
という目標を立てたとします。

 

あなたはマスターするまでの
過程を立てていますか?

テニスでは、寝て起きた次の日に
今まで打てなかったショットが打てるようになる。
そんな魔法みたいなことはありえません。

 

しかし残念ながら、
魔法が起きると
信じている人が多いです。

例えば、練習ではスピンサーブが打てたとして
試合でそのまま打てるかは
わかりません。

 

 

練習で10球中8球成功したとしても
試合でそのまま同じ確率で入るとは
限りません。

 

天候、身体のコンディション、緊張など
様々な要素が複雑に絡むため、
上手くいかないことの方が多いです。

 

もっと言えば、練習では10球中8球入ったとしても
100球なら確率が変わった可能性もあります。

 

宝くじで当たらない!
って文句を言ってる状態です。

まとめ

 

新しいことに挑戦することは
自分のテニスのレベルアップに
必要なことです。

 

ぜひ積極的にトライして欲しいです。

ここで大事なことは
上手くいかなくても
落ち込まないでください。

 

上手くいかないのは
あなたが悪いわけではありません。

 

センスや身体能力で出来るようになるまでの時間は
人によって変わるかもしれません。

 

しかし、他人といくら自分を比較しても
答えは出ません。

あなたが気にするべきことは
どうやったら自分の今のテニスが
もっと良くなるか?についてです。

 

何か新しいものを身につける時は最低でも
2ヶ月は掛かるものだと思って
トライしてみてください。

 

1回、2回で判断するのは極めて難しいです。

 

そのため、ある程度期日を決めて
成果を達成するようにしましょう。

今日のワーク

あなたが今まで試そうとして
上手くいかなくて諦めたものはありますか?
ある場合は書き出してみましょう。

 

今、新しく習得しようと考えている
技術、戦術を書き出してみましょう。

 

複数あってもいいので
箇条書きで書き出してみましょう。

 

期日設定をしましょう

 

いつから始めていつまでに成果を得るか
計画しましょう。

 

この時に中間ゴールも設定すると
行動しやすいです。

 

ワークの注意点

 

自分がイメージ出来るもの
目標に置いてください。

 

 

例えば、200キロ越えのサーブを
打てるようにする。

これでは、なかなか自分で
イメージが湧かないと思います。

ワイドのサーブをマスターが成果目標なら、

 

STEP1 回転の掛かる感覚を身につける

STEP2確率を上げる

STEP3最後に試合で使える。

 

このように明確でイメージ出来る
成果目標を設定してください。

 

それでは、最後まで
お読みいただきありがとうございます。

コーチのおすすめ記事

あなたは今のまま練習しても試合で一生勝てません。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓