試合で勝てない理由をメンタルのせいにしていませんか?

試合で勝てない理由をメンタルのせいにしていませんか?

あなたはメンタルコーチングを
受けたことがありますか?

10人限定
無料テニスクリニック
開催中!

興味がある方は
こちらをクリック↓

試合で勝てない理由をメンタルのせいにしていませんか?

んにちは! RYOYAです!

今回は
『メンタルを言い訳にしない』
についてお話しします。

 

私はよく試合で負けた選手から

・メンタルのせいで負けた

・緊張して思うように打てなかった

・大事な場面で気持ちが弱くなった

このような意見を多く聞いました。
そんなあなたに質問です。

何でもかんでも上手くいかない理由を
メンタルのせいにしていませんか?

メンタルって言葉を都合よく
利用していませんか?

スポーツでは『心・技・体』の3つが
揃って最高のパフォーマンスを発揮することが
出来ます。

これらの掛け算でテニスの実力が
構成されます。


試合であなたが負けた時に
何が原因で
負けたのか客観的に
分析できていますか?


体力や技術面が敗因だったのに

メンタルの負けた理由に
していませんか?

メンタルが強い人って
どんな人だと思いますか?

最も多かった回答は
『自分に自信がある人』でした。


他には『勝負所に強い』
『客観的に見れる人』
などの
意見が挙がりました。

では、自信のある人や勝負所に強い人に
なるにはどうしたらいいか?

 

それは、『身・技・体』全てが
揃わなければいけません。

自信を構築するには練習量経験値
必要になります。

つまり、メンタルが弱いと感じる人は
自分のどんな側面からメンタルの弱さを
感じるか分析しましょう。

 

それを踏まえた上で対策を
練りましょう。

 

コーチから読者へ
メッセージ

メンタル=気持ちのコントロール
つまり、『改善することが難しい』
と考えがちです。

そのため、言い訳や逃げ道として
メンタルが使われやすいです。

 

『心・技・体』の基礎を見直した上で
メンタルに課題を感じる人は
メンタルの対策を行いましょう。

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございます。

コーチのおすすめ記事

テニスの勝率を33%上げるメンタル強化LINE講座開催!

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓