テニスでメンタルトレーニングが必要な理由とは?

テニスでメンタルトレーニングが必要な理由とは?

ブログを書き始めて
1周年特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

んにちは!RYOYAです!

今回はメンタルの課題を
早期発見しなければいけない理由
についてお話しします。

メンタル面の悩みは
ある日突然訪れます。

今まで何も悩んだことがないのに
ある試合後をきっかけに
特定のボールが打てなくなる。

その後の練習でも違和感が残り、
悪いイメージが頭から離れない‥

そんな経験がありませんか?

人は悪い出来事ほど
記憶に残ります。


私はテニス選手100人
『良い試合と悪い試合どちらの方が
よく覚えていますか?』と質問しました。

すると結果は、83人
『悪い試合の方が記憶に残っている』
回答しました。

人は成功より
恐怖から逃れたい欲が強いです。

先ほどの質問をした人の100人
『じゃんけんで勝てば1億円が手に入るけど
負けたら1億円の借金を背負います。』
あなたはじゃんけんをしますか?と質問した結果

その結果、8割近くの人が
じゃんけんを拒みました。

人は無意識に恐怖への
リスク回避を選択します。

今回私がこのブログを読んでいる
あなたに伝えたいことはメンタルの問題を
先送りにしてはいけないということです。

メンタルの課題は
時間が解決するわけでは
ありません。

むしろその逆で
少しでも違和感を感じるうちに
対策をしてください。

一度身に付いた習慣、癖を
変えることが難しいです。

人は新しい習慣を身につけるのに
3ヶ月かかると言われています。

しかし、自分にとって
マイナスイメージの対象のものは
通常の2〜3倍ほど早く定着します。

つまり、違和感の感じるショットを
放っておくとそのまま悪い形で
定着します。

 

最悪の場合、イップスという
心の葛藤による心理的症状を
引き起こします。

 

メンタルの問題を解決するには?

自分のことを客観的
見る対策をしましょう。

自分のイメージと実際に
打つショットの違いが何か
気づくことが大切です。

そして、原因の特定を
急ぎましょう。

 

必ずしもメンタルが原因では
ありません。

 

学生の場合は成長の過程で身体の変化で
打ててたボールに違和感を覚える可能性も
あります。

また、怪我などによって
今まで難なくこなせた動作が
出来なくなった可能性もあります。

 

コーチから読者へ
メッセージ

自分のテニスに違和感を覚えたら
まずは何をきっかけに生じたのか
原因の特定をしましょう。

原因が何かによって
対策方法が変わってきます。

客観的に自分を見ることが
難しいと思うあなたは5名限定無料
体験メンタルコーチング
やってるので下の記事を読んで見てください(^ ^)

無料体験メンタルコーチング

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓