テニスの試合で対戦相手がどんな選手でもあなたのやることは同じです

テニスの試合で対戦相手がどんな選手でもあなたのやることは同じです

んにちは!RYOYAです!

今回は、試合中に緊張から
解放される方法を紹介します。

これは、前日私のメンタル指導を
受けている生徒から

『格上選手相手の試合で
緊張するんですけど
どうしたらいいですか?』

このような質問を受けました。

自分よりもちょっと強い選手と
試合をする時に

リターンミスやダブルフォルトなど、
イージーミスが続いてしまう‥

 

逆に力みすぎて際どいボールを
打ち続けるけどアウト、ネットを
繰り返してしまう‥

その結果、何の手応えも
掴めないまま負ける

あなたはそんな経験
ありませんか?

 

自分の出来ないプレーは
求めないようにしましょう。

よく強い選手が相手だと
自分の出来ないプレーに
挑戦する人を見かけます。

 

まず、プレーの前提としては
自分の出来る範囲のことを
確実にこなしましょう。

 

練習したからと言って
試合本番で確実に出来るとは
限りません。

 

つまり、練習をしなかったら
成功率が下がって
当たり前です。

 

対戦相手が誰でも
基本やることは同じです。

自分の得意な展開、
相手の嫌な展開を作る。


対戦相手のレベルに関わらず
やることは同じです。

あとはその日の調子と相談しながら
プレーを選択しましょう。

 

自分都合の考えを
やめましょう。

強い相手と戦う時に
自分のことで頭が
いっぱいになる選手が多いです。

こんな時だからこそ相手選手の
気持ちになってください。

 

『自分よりも弱い選手と試合をして
負けたらどうしよう?』

このようなプレッシャーを
少なからず心の奥では
感じています。

まずはメンタル面で
相手と競りましょう。

プレッシャーを
1ミリも感じない人は
いません。

 

身振り、素ぶりで表に出さなくても
心の奥に勝負事に対する負けへの
恐怖、不安を抱えています。

まずは、相手の心の奥の不安を
感じさせることが大事になります。

そのために接戦で
粘ることが必要です。

しかし、上位選手を相手に
粘る試合展開を作るのは
容易ではありません。

特に序盤の試合展開で
大きく差を付けられると
苦しいですよね?

序盤に自分のリズムを
作りましょう。

まずは、上位の選手相手に
自分が戦える!勝てるかも!って
あなた自身が感じることが大切です。

勝てないと思う相手に
勝つことは出来ません。

勝てる!って思うためには
手応え、自信をつかむ必要が
あります。

少し、極端な例ですが
あなたが250キロのサーブを
返すことになったとします。

速すぎて反応することすら
難しいですよね?

しかし、奇跡的にラケットに
当てることが出来ました。

この出来事によって
もしかしたら返せるかもしれない!
って思うことが出来ませんか?

 

なので、実際の試合では
相手のサーブを返せた
ラリーが繋がったなど

 

小さな出来事から
手応えを掴むように
してみましょう。

 

そして、日本人は失敗の印象を
強く覚えるので成功体験を
記憶する習慣を持つようにしましょう。

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございます。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓