テニス競技者に向けた不調・スランプ脱出法

テニス競技者に向けた不調・スランプ脱出法

テニスに全力だからこそ
スランプにもハマります

 

特に調子の悪い時は試合に全然勝てなくて
自分が下手くそになったのでは?と
錯覚することもあると思います。

 

 

テニスの成長曲線は
右肩上がりではありません。

数学の二次関数のグラフと違い、
テニスでは上下変動を繰り返して
実力が付きます。

 

前回のブログでも書いたのですが、
人はマイナスの出来事に対する
記憶力が強いです。

前回の記事を見逃した方は
こちらから↓

テニスの試合で恐怖心に打ち勝つ対策方法

そのため、上手くいかない時期に
反応しすぎる人が多いです。

 

スランプだと思うかは
あなた次第です。

自分の上手くいってない状態が
スランプだと捉えるかどうかは
あなたの自由です。

しかし、スランプだと思ったところで
あなたに得はありません。

 

前回の記事でも触れましたが、
人は頭でイメージしたことを
現実に叶える能力があるため、
マイナスイメージは損しかありません。

テニスの試合で恐怖心に打ち勝つ対策方法

 

『何をやっても上手くいかない』
『もうだめだ‥』

 

いくら自分を悲観したとしても
現状脱却は不可能でしょう。

 

では、どうしたらいいか?
次の2つのことを
考えて見ましょう。

自分を認めましょう

試合に負ける期間が続く時は
素直に『自分が弱い』
と認めましょう。

簡単に言いましたが、
かなり難しいことです。
特にテニス歴が長いと尚更大変です。

自分の過去の実績やテニス歴など、
これだけやってきたという
プライドもあるでしょう。

しかし、それらを一度
無視してください。

もし今のまま勝てない状態から
抜け出したいのであれば
是非やってください。

最初から強い人は
いません。

どんな人も最初は
ラケットの握り方から学び、
どうやってボールに当てるかが
スタートでした。

日々練習して試行錯誤を
繰り返して今の自分を
持っています。

今後、もっとテニス上達したいと
思うあなたはこの過程を何度も
繰り返す必要があるでしょう。

そして、過程を繰り返す中で
自身を客観的に分析して
判断することが大切です。

 

長期的目線で
テニスを楽しみましょう。

負けてばっかりの時期って
辛いですよね?

私のブログを読むほとんどの人が
試合で勝ちたい!って思って
読んでいるはずです。

勝ちたい人ほど、負け続ける時期は
辛いですし、受け入れ難いでしょう。


テニスを長い目で見たときに
『今の辛い時期が自分を強くしてくれる』
と信じて辛さを受け入れましょう。

テニスに一生懸命になればなるほど、
辛い瞬間も訪れます。逆に言えば、
それだけテニスに向き合っている証拠です。

 

今後、さらなる上達を目指すと同時に
辛い時期も訪れることがあるでしょう。

そんなときに辛い瞬間を一度
楽しんでみてください。

この辛い時期を乗り越えたら
どんな自分が待っているのか?
期待を持つようにしてください。


私もテニスの試合で負けたときに
『弱いな‥テニスもっと上手くなりたいな』
って思います。

テニスって極めることが難しいからこそ、
奥が深く、勝った負けたを繰り返しながらも
楽しい競技ですよね?

あなたもテニスが上手くいかない時ほど
不調を脱した後の自分に希望を持って
頑張って欲しいです。

それでは、最後まで
お読みいただきありがとうございます。

 

ブログ1周年特別記念

ブログを書き始めて
1周年特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓