テニスの試合で活躍できる選手は〇〇だからである。

テニスの試合で活躍できる選手は〇〇だからである。

んにちは!RYOYAです!

 

以前のブログで試合で
活躍する選手になるには

 

 

保有能力発揮能力
両方を兼ね備える必要があると
お話ししました。

 

まだ読んでない方はこちらから
読むことが出来ます!

テニスがメンタルの競技と呼ばれる本当の理由を教えます。

 

これらの能力を高めるためには
メンタルトレーニングが必要です。

 

 

しかし、
あなたはそれだけでは
活躍する選手になれないことを
ご存知でしょうか?

 

 

今日は
真に試合で活躍する選手
なるために必要なことについてお話します

 

真に試合で活躍する選手とは?

プロの世界で結果を出している
アスリートはほぼ全員持っています。

 

これを知ることであなたも
普段の練習からの意識が変わります。

 

 

私自身も自主練習をする際に
周りに見られるのが恥ずかしいなど
何かと言い訳をして続かなかったことが
ありました。

 

しかし、このことを意識してから
練習への意識が変わり、無駄な練習が
なくなりました。

 

今、伸び悩んでいる人なんかは
このブログを読んで参考に
してください。

 

それでは、紹介します。

 

勝つ選手が持つ能力

試合で活躍できる選手に
なるために持つべき能力

 

その内容とは‥

 

 

「素直な負けず嫌い」
です!

 

競技スポーツは楽しむことを目的とする
遊戯スポーツとは異なり、技の競い合い
試合で勝つことを目的に行われます。

 

 

 

試合で負けて「悔しい」
思うことはテニスを一生懸命取り組めば
感じることはあるでしょう。

 

 

しかし、それだけでは
強くなれません。

 

 

人間にとって「悔しさ」
大きなエネルギーです。

 

 

大きなエネルギーを前進する力にして
悔しさをバネに這い上がれる選手こそ
未来の自分を超えられる選手です。

 

 

 

 

そして、負けず嫌いと同時に
素直でなければいけません。

 

あなたは指導者のアドバイス、発言に
「ちぇっ」

「あ〜うぜ〜」

「うるさいな〜」

 

 

このように反感して不服
感じたことはありませんか?

 

 

この傾向は実力がある選手
多く見られます。

 

素直さがない選手は適切なアドバイスに
耳を傾けられなくなります。

 

 

指導者や周囲の環境に不満を抱くと
四六時中ストレスを抱えることになります。

 

 

私自身もコーチの発言に
反発した経験はありました。

 

私は指導者に反発することが
悪いとは思いません。

 

それはあなたの発言が
間違ってないこともあるからです。

 

その代わり、
指導者の言い分も
聞くようにしましょう。

実際の選手とは違った視点で物事を
考えているため、自身で気づけないことを
気づかせてくれるかもしれません。

 

まとめ

 

 

今回は
「素直な負けず嫌い」
になることの大切さについてお話ししました。

 

学生のうちにこのことを
意識してプレーしてる選手は
少ないと思います。

 

しかし、私は敢えて
意識して練習して欲しいと思います。

 

 

このブログで何度も言っているのですが
テニスは急激に上手くなる競技ではありません。

 

そのため、日々の練習の質を
高めていくことが試合で勝つためには必須事項です。

 

✅「悔しさ」を
エネルギーに変える

 

✅素直な気持ちで
練習に取り組む

 

そうすることによって
不満を取り除き、ストレスなく
練習に臨むことが出来ます。

 

このブログを読んで少しでも
自分に欠けているものがあると
感じた方は実践して見てください!

 

 

それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓