感覚派のテニスと理論派のテニス

感覚派のテニスと理論派のテニス

あなたは感覚派?それとも理論派?

あなたの今までのテニス生活を
振り返って下さい。

 

コーチや指導者からのアドバイス
自分の中でスッと入ったものは
なんですか?

指導者側は人それぞれ感性を
持っています。

何を重点として教えるか?

または相手によって
何を重視するか?

 

それは人によって
大きく異なります。

 

試合中に色々考えた方が楽ですか?
それとも考えない方が楽ですか?

これは人によって
大きく異なります。

 

このブログの読者の体験談を
お借りして説明をします。

 

ダブルスの試合で相方が
ストロークの調子が悪かったので
アドバイスをしようと思いました。

しかし、どこまで具体的にアドバイスを
したらいいかわからなかったそうです。

技術面のことを具体的に言って欲しいか?
それとも当たる瞬間を見ようのような
あえて抽象度の高い内容がいいか?

これは人によって
異なるでしょう。

 

感覚派と理論派

先ほどの例で具体的な打ち方を知りたい!
って人は理論派に当てはまります。

 

試合で仮に調子が悪いとき、
あらかじめ技術面で直すべきポイントを
2、3個ピックアップしておくと良いでしょう。

 

逆に抽象度の高いアドバイスが良い人
感覚派に当てはまります。

 

試合中に技術や戦略的な
アドバイスを受けて
パニックになった経験はありませんか?

 

 

そんな難しいこと言われても
出来ないよ‥と言う人は
感覚派に当てはまります。

今日のワーク

あなたは感覚派ですか?理論派ですか?

 

なんとなくでいいので
自分はどっちのタイプなのか
教えて下さい。

 

どちらが良いとか悪いはありません。
大事なのは自分がどっちのタイプか
知っておくことです。

それによって
コーチのアドバイスの飲み込みや
試合で上手くいかない時の対処方法
適切に行えます。

 

この機会に
自分のタイプを把握しましょう!

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございます。

T-MENTAL創立特別記念

TーMENTAL創立
特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓