テニスは試合後の反省とアウトプットで上達します

テニスは試合後の反省とアウトプットで上達します

勝った!
負けた!

 

試合が終わった後の
結果に一喜一憂するのも
時には大切です。

 

しかし、試合が終わった後に
振り返りをきちんとしていますか?

 

どうして負けたんだろう?

圧倒的な大差で負けたとしても
接戦で負けたとしても
原因は試合によって異なるはずです。

 

自分の何が悪かったのか?
相手の何が上手だったのか?

試合が終わった後に
客観的に振り返ってみてください。

 

スコアだけではわからない
負けた原因

スコアだけで試合の良し悪しを
判断しないでください。

0-6の試合でも中身が接戦の試合もあれば、
接戦でもお互いにミスばっかりの試合も
あるはずです。

 

ここであなたにお伝えしたいことは
試合を振り返って良かったことと
良くなかったことを先入観なし
判断してください。

 

試合後、その日のうちに
反省する習慣をつけましょう

人は忘れる生き物です。
1日の情報の70%
次の日には忘れています。

 

日にちが経ってから試合の反省をすると
どうしても当時の思考心境
正確に思い出すことは難しいものです。

 

最低でも試合が終わったその日のうちに
試合についてまとめる習慣を
身につけましょう。

 

対戦相手に聞いて見る

試合に負けた相手に
話をしに行くのは屈辱的かもしれませんが、

どんなプレーが嫌だったか?
このプレーって効果あった?
など試合後に対戦相手に
話をしてみましょう。

 

実際に戦った相手からの印象は
あなたが思っているほどの手ごたえとは
良くも悪くも違う印象の可能性が高いです。

 

特に練習試合や身内同士の練習では
積極的に対戦相手から自分のテニスについて
意見を求める姿勢を持ちましょう。

 

今日のワーク

ここ数日で試合があった人は
負けた試合でどうして勝てなかったのか
振り返ってみてください。

 

良かった点改善点について
それぞれ書き出してみましょう。

 

また、試合を振り返って当時の様子を
正確に思い出せたか?
振り返りと振り返った感想を
私のLINEに送ってください。

 

思い出そうとして
鮮明に思い出すことが出来ないと
感じたあなたは試合が終わった当日に
振り返りの習慣をつけましょう。

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

T-MENTAL創立特別記念

TーMENTAL創立
特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓