ノーアドの試合で1本勝負の時に強くなりたい人はいませんか?

ノーアドの試合で1本勝負の時に強くなりたい人はいませんか?

草トーなどの試合で
多く採用されるデュースなしの
ノーアド1本勝負!

 

他のポイントに比べて
急に重みが増すことでしょう。

 

こんな時だからこそ、
考えてほしいことがあります。

 

自分から仕掛けるか
決めておく

1球で勝負が決まる状況だからこそ、
自分からどの程度仕掛けに行くか
あらかじめ決めておきましょう。

 

対戦相手のレベルやプレースタイル、
その日の調子に合わせて変更するのは
構いません。

 

特に対戦相手が面識のある相手なら
試合が始まる前くらいまでに
自分からどの程度仕掛けるか
決めておくようにしましょう。

一度選んだ選択に後悔しない

ポイントが終わってから
「あの時もっと積極的に行けたら」

「やっぱ繋いだ方がよかったかな?」

 

自分の選択に後悔することは
ありませんか?

 

結果より判断、思考を見直す

あくまでその時々のショットの
成功、失敗はその時の結果でしか
ありません。

 

もちろん、チャンスの時を確実に決めれたら
理想ではありますが100%の確率で決めることは
プロの選手でも出来ません。

 

割り切りも必要

つまり、結果にこだわっても
自分のテニスの上達にはあまり繋がりません。

 

それよりもあの時、あのボールを打とうとした
判断が正解だったかどうかを考える習慣を
身に付けるようにしてください。

 

この習慣を繰り返すことで
本番で落ち込むことも
少なくなってきます。

 

ここぞの勝負こそメンタル!

これは日々、メンタルコーチングをして
感じたことです。

 

大事なポイントで失点した時にどうしても
自分は全部ダメだ‥と落ち込む傾向に
ある人が多いように思えました。

 

もし心当たりがある人は
次の言葉を覚えておいてください。

 

テニスにおいて
『全部がダメなポイントなんて
存在しません』

 

失点にも途中過程でよかった部分も
あるかもしれませんし、

しょうもないミスだったとしても
どうすれば同じミスをしないか
考えるきっかけにもなります。

 

少しずつでいいので気持ちの上下変動を
減らしていけるようにしましょう!

 

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

T-MENTAL創立特別記念

TーMENTAL創立
特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓