テニスでメンタルが身体に与える影響について

テニスでメンタルが身体に与える影響について

『試合中に震えが止まらない』
『なんか身体が重たい気がする』
『いつもと違うかも・・・』

 

このように自分の思った通りに
身体が動かなかった経験って
ありませんでしたか?

 

人間の心と身体はとても素直です。
わずかな心の迷いが
プレーに大きく影響してきます。

 

今回はどうして心の迷いが
プレーに影響が出るかと
身体の構造についてお話しします。

 

これを知っておくだけでも
あなたの悩み、ストレスは緩和されるので
楽しみにしててください。

 

人の頭の重さって知ってますか?

答えられる人いますか?



大体、体重の10%だと言われています。
60kgなら6キロになります。

 

頭の重さって普段意識しないため、
重く感じることはありませんが
数字を聞くと決して軽くはありません。

 

つまり、一瞬の判断に迷いが生まれると
脳から筋肉までの伝達が遅れ、
スイングにも支障が出ます。

 

手って常に震えています

人間の身体は絶えず
血液循環をしています。

 

脈を測ったことがある人は
イメージしやすいですが
『ドクン、ドクン』って動いてます。

 

さらに緊張状態が大きくなると
震えの速度、強度も比例して
大きくなります。

 

テニスは相手の来たボールに合わせる
タイミングの競技なため、
震えが
リズムを狂わせます。

 

テニスは間接的なスポーツです。

ストロークでベースラインの端から
ストレートとクロスの打ち分けの際に
面の角度が大体15度変わると言われます。

 

つまり、わずかな判断の遅れが
面の角度のズレに影響します。

 

ストロークの場合、相手が打ってから
3秒ほど時間がありますが、ボレーの場合は
判断の遅れ、面のわずかな角度の違いが
失点に繋がります。

 

テニスって難しいです

今回は数字を使って
心と身体の連動性について
お話ししました。

 

身体の複雑な構造、ラケット競技なため
通常でもミスが出やすいのに
心理的要素が絡むとミスの確率が高まります。

 

まずは、テニスの精神面をコントロールして
プレーの質を高めていきましょう。

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

T-MENTAL創立特別記念

TーMENTAL創立
特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

 

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓