間違えって何?否定の捉え方に注意!?

間違えって何?否定の捉え方に注意!?

テニスに『間違え』って
存在すると思いますか?

 

練習中から試合中を含めて
いくつもの選択、判断を迫られます。

しかし、それらを正解か否か
判断の基準ってなんだと思いますか?

 

正解の判断基準は目的次第

例えば、サーブの練習をする場合

球速を上げることが目的なのか?
コースを狙うことが目的なのか?
トスを狙ったところに上げるのが目的なのか?

 

何が狙いなのかで
過程と結果に対して
正解と言えるか変わって来ます。

 

試合でも同じです。

ポーチボレーに出て
失点したとします。

 

ポイントを取ることが目的なら失敗ですし、
相手への脅威、存在感を出すことが
目的なら成功と言えます。

 

基本的に間違いってない!

これはテニスに限らず
当てはまることです。

犯罪や法に触れるものは別として
全ての行動、考え方に間違えはないです。

 

目的、意図に対しての合ってる違うはあっても
根本的に違うというものは存在しません。

好ましいと完全否定は違う

技術にしてもメンタルの考え方にしても
こっちの方がいいのでは?
というものは数多く存在します。

 

プロの選手ですらフォーム、戦術がバラバラなのは
人によって得意不得意が異なり、長所を生かした
戦いが個性として違いを生んでいます。

 

メンタル面も同様に人によって
価値観が異なるため、自分の性格、経験則に合った
考え方を選択しなければなりません。

 

コーチのアドバイスは前者の
こうした方がいいのでは?であって
完全否定ではないことを
忘れないで下さい。

 

言葉の表現が過剰になる人もいるため、
コーチの意図と異なって否定されたと感じる人も
いるかもしれませんがそれは間違えです。

 

これから目指すべき思考

今後、テニス上達を目指して
続けていくのであれば『こうした方がいい』
を探すゲームにして下さい。

 

上達してレベルアップしたら新しく
『こうした方がいい!』って思うものは
アップグレードされていきます。

過去の正しいって思ったものも
決して間違えではなくその時点では
正しいと思ったものなので後追いで
否定をする必要はありません。

 

テニス工場を目指す思考として
『否定』『間違え』の考えを
捨てましょう!

 

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓