偽りの確率に惑わされないで!

偽りの確率に惑わされないで!

試合中に突如崩れ始める
またミスをするかも!?

そう思うあなたに
伝えたいことがあります。

 

成功率のカラクリ

例えば、コイントスで
9回連続表が出ました。
次は表と裏どっちが出ると思いますか?

 

10回連続表が出る確率は
1/1024で相当低いはずです。

しかし、1回あたりのコイントスの
表と裏の割合は純粋に1/2です。

 

印象操作されていませんか?

目の前の1球の成功率が
前後のプレーによって
変わってしまっていませんか?

 

テニスに絶対はないです。
どんな上手な選手でも
ミスが発生するのは仕方ないです。

 

大事なのは前後のポイントに左右されず
その時ポイント取得の確率が
高いプレーを選択できるかです。

 

結果ではなく過程主義に!

ポイントが取られた時に
ミスしたで片付けないように!

 

同じ失点の仕方でも中身の捉え方で
自分にとってプラスの印象操作が可能です。

 

テニスは常にスコアが
見えてる状態でプレーするため、
負けてる時のマイナス思考が
印象を支配します。

 

そ子で大事になるのが
自分の通用している部分を
見失わないようにすることです。

チャンスボールの失敗も
チャンスを作るまで持っていけてるなら
1つの成果として自信にして下さい。

 

ミス=失点=マイナス印象をやめて
プラスの部分を見つけてプレーの精度を
高めて下さい。

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。

テニスメンタルマガジン発信中↓

期間中に私の公式LINEに
登録して頂いた方限定

友だち追加

 

テニスメンタルコーチが語る
ここだけは最低限抑えて欲しい
メンタルの基礎マニュアル

 

『CHANGE 』
をプレゼント!

近い将来、こちらは有料での提供を
考えているので無料で入手したい方は
今すぐLINEの友達追加をクリックして下さい。

 

友だち追加

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓