ラケットが振り切れないあなたにお知らせです。

ラケットが振り切れないあなたにお知らせです。

んにちは!RYOYAです。

今回は試合中に
振り切れなくなったラケットを
振り抜く方法を紹介します。

こんな経験ありませんか?

ミスが怖くてラケットが
振り切れない

当てに行くだけのテニスに
なってしまった

 

こんな経験ありませんか?

 

テニスは1ゲーム4ポイントしか
ありません。

 

そのため、
1ポイントの重みは
大きいです。

しかし、ミスを恐れて振り切ることが
出来なければ試合で勝ち上がれません。

 

そんなあなたに朗報です!

振り抜き恐怖症
練習で克服できます。

 

そこで今回脱振り抜き症!!
中上級者への道
を紹介します。

 

振り抜くストロークを試合で
打てるかどうか!

 

このハードルがある程度打てる
経験者がさらに上に行くための
大きな壁になるでしょう。

 

しかし、この壁を乗り越えた先に
強くなった自分が待っています。

 

あなたも生まれ変わった自分に
出会ってください。

それでは紹介していきます。

なぜ、振り切れないのか?

相手とのストロークのラリーにおいて
難しいショットが2つあります。

 

・遅いボールを速く返すこと

速いボールを遅く返すこと

です。

 

相手のボールの球威に合わせて返すのは
得意でも自分からスピードを
変えようとすると難しいです。

 

特に振り切り恐怖症は遅いボールを
速く返そうとするときに起きやすいです。

 

そこで今回は振り抜き恐怖症を
解消するための練習方法を
紹介します。

ストロークで振り抜くための
練習方法

今回は
ボールを厚く当てる
ための練習法を紹介します。

試合中に当てるだけの
ショットを防ぐための練習です。

 

これは1人でも出来ますので
是非実践して見てください。

 

STEP1
野球のトスバッティングの要領で
自分でボールをフワッと出します。

 

STEP2
自分が出したボールを
ノーバウンドで打ってください。

 

このときにネットやアウトのミスは
気にしないでください。

練習の注意ポイント

この練習のポイントはノーステップで
打つため骨盤の回旋運動で
打たなければなりません。

 

そのため、より厚い当りにするために
最初の軸足のタメと蹴り出す力が
大切になります。

 

自分からボールを打ち込むときに
腕力で操作すると難しいです。

 

身体全体を使って打つからこそ
ボールが安定します。

 

そのためにも初動の足のタメと
蹴り出しが大切です。

 

コーチから読者へメッセージ

今回は振り抜いて
打つ方法を技術的に
解決する方法を紹介しました。

次回の記事では、精神的な部分から
振り抜いて打つための方法を
紹介します。

 

この記事を読んで
ライバルと差を
付けましょう!

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございます。

コーチのおすすめ記事

あなたは今のまま練習しても試合で一生勝てません。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓