女性アスリートへの誹謗中傷とスポーツメンタルカウンセラーからの提案

女性アスリートへの誹謗中傷とスポーツメンタルカウンセラーからの提案

 

先日、悲しい記事を発見しました。

直接的にメンタルに
間することではないのですが、
価値観や思い込みに
囚われないで欲しい

という意味も込めて今回敢えて
記事の補足と言及をさせて頂きます。

女性アスリートも
1人の女性です

アスリートだから
オシャレをしてはいけない

遊んでないで練習しろ

調子に乗っている…

 

どうしてこうも
この文章を読んだ相手に
思いやりのない言葉が
出てくるのでしょうか?

正直、悲しい気持ちになりました。

 

日本でトップになり、
世界を舞台に戦い続ける彼女らは
幼少期から並々ならぬ努力を
続けてきたはずです。

アスリートの生活を知らない人にとっては
具体的なイメージは持てないかもしれませんが…
身体的、精神的に疲労が溜まって
当然なはずです。

むしろ、身体的に負荷をかけないで
気分転換が出来るのは
競技にも好影響なはずです。

 

日本人のよくない習慣

SNSを通じた誹謗中傷について

匿名で面と向かって言う必要がないから
過激で相手を傷つける言葉が
平気で言えてしまいます。

誹謗中傷のコメントをする人たちは
『相手を傷つけている..』といった
自覚はほとんどないでしょう。

自分のストレス発散の道具にしてることが
許し難いことです。

これはアスリートに限らず誰であっても
やってはいけないことです。

 

誹謗中傷のコメントをする人の特徴として

フォローフォロワー数が少ない。

そもそも見られる人が少ないから
何を言っても問題ないだろう。

また、傾向を上げると幼少期に
承認欲求を満たされず
育った可能性があります。

そのため、周りから
認められたい!注目されたい!
でも目立ちたくない!

そんな思いを巡らす人もいます。
その結果がSNSの誹謗中傷に
現れているのではないでしょうか?

 

野次馬的な参加
(他の人もやってるから的な)

批判の投稿が多いものは人気があるから
と言うのもあるからですが、

一人の批判コメントをきっかけに
批判の炎が大きくなてる気がします。

中にはたくさんの人がコメントしてるから
自分のコメントは目立たないから
大丈夫と感じる人もいるでしょう。

SNSリテラシーが低い

本人からするとそんな気はないのに
過激な表現になってしまっている
ケースがあります。(20代以下よりは
40歳以上の年齢層に多く見られます。)

これに関しては罪意識はないかもしれません。
しかし、相手を傷つけていると言う意味では
望ましくないかなと思います。

また、顔写真や本名を出してないため
やってもバレないと言う考えの人もいます。

お互いに尊重する文化を作りたい!

SNSは使い方次第で
とてもいいツールです。

 

日記を書くよりも手軽に
成功体験の記録も出来るし
承認欲求を満たせます。

その結果、自己肯定感の向上に繋がり
ネガティブな思考を抑制することが
出来ます。

極端な話、人を傷つけるような
発言をする人がいなければ
全員嫌な思いをしません。

しかし、
適切な指導、注意は必要です。

あなたも子供の頃は
良くないことは何か?
わからなかったはず。

大人になってからだって
失敗はあるのだから
叱ってくれる人の
存在も必要です。

 

大事なのは、導く人の
表現、言い方ではないでしょうか?

競技者としてもカウンセラーとしても
まだまだ未熟な私が言えることでは
ないかもしれません。

しかし、敢えて言わせてください。

『人間力』は
一人で育てることが

出来ません。

だからこそ、生きていく中で
繋がりのあるもの同士で支え合って
『人間力』を形成する必要があるのでは
ないでしょうか?

そのためには、より多くの人が
お互いに尊敬する環境、文化を
作る必要があるのではないか?

自己肯定感の高い人が
溢れる環境を作りたい!

前提として人はプラスの記憶より
マイナスの記憶を強く残します。

そのため、大したことないと自分は思っても
相手に必要以上にダメージを与えている
可能性があります。

だからこそ、
意見がある時は
言い方を気をつけて伝えてみましょう。

 

また、量子力学でも証明されていますが
『引き寄せの法則』からも
相手への行いが自分に返ってくることが
証明されています。

 

自分は今までこうだった
だからこうすると言った
考え方を捨ててください。

過去の行いは変えられなくても
これからの行いは変えられる。

そして、
過去の経験を美談に出来る
唯一の手段が変わる勇気と決意です。

良かったところを認めて
尊重し合う文化になることを
願っています。

 

最後にこの記事を見たあなたに
お願いがあります。

 

この記事を読んで私の思いに
共感してくれた方はこの記事を
拡散して頂けませんか?

私一人の力は本当に微弱です。
ですが、一人でも多くの人に
私の考えに共感してもらえる人が
現れたら嬉しいです。

 

大したことない、それは違うんじゃないの?
そう思う方は無理に拡散しなくても
大丈夫です。

より多くの人にこの記事が
見られることを願っています。

それでは、最後までご視聴頂き
ありがとうございました。

 

参考記事↓

https://www.excite.co.jp/news/article-amp/Wezzy_70171/

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓