スポーツが楽しい!って感じる人が多いのはどうしてだろう?

スポーツが楽しい!って感じる人が多いのはどうしてだろう?

先に言っておきます。
この記事は頭を柔らかくするための
記事だと思って読んでください。

 

いきなりですが、
勉強って好きですか?

ちなみに私は学校の勉強が
大嫌いでした。

でも、自分の興味を持ったものには
熱中して勉強出来ました。

この記事を見るあなたも
得意科目や好きなものは勉強出来るけど
苦手の克服は簡単には行かない人が
多いのではないでしょうか?

好き嫌いや合う合わないは
あると思います。

しかし、最初に嫌になるきっかけの1つに
『やりがいを見つけられるか?』
大きく関係しているのではないでしょうか?

 

勉強ってどうしてするの?

今、大人になられた方は
学生時代の自身と被せて
考えてください。

どうして学校に行って
授業を受けるんですか?

義務教育だからですか?
将来何かしらのためになるからですか?
周りも学校に行くから普通じゃないの?

そんな風に思う人もいるでしょう。

しかし、そう言われても
勉強が嫌だった人もいると思います。
ちなみに私はそうでした。

『これって何の役に立つの?』
そう思いながら授業を受けました。

もし仮にですが、この授業を受けると
将来必ず1億円稼ぐことが出来ます。

そう言われると『よし!頑張ろう!』って
思える人も多いのではないでしょうか?

しかし、『役に立つかどうかわからないし
使わないことなら習っても無駄じゃん!』
こう思ってしまったらそこで
学ぶ意欲は遮断します。

 

スポーツってどうして
楽しいんだろう?

この記事を見ているあなた自身、もしくは
周囲の人で勉強は苦手だけど運動は
めっちゃ得意な人っていませんでしたか

または、運動能力が高くなくても
体育の授業で身体を動かすのが
快感、好きと感じた経験はありませんか?

 

スポーツは細かいルールや
初歩的な技術の習得は必要ですが
基本的に実践を通して身につけます。

つまり、習ったことを実践して
アウトプットしている状態です。

また、競技スポーツをされてる人は
大会に向けて練習を日々されてるかと
思います。

 

しかし、地味な練習より
実践形式の練習や試合の方が
楽しいって感じることありませんか?

 

これもアウトプットをすることで
学んだことを実践するワクワク感と
達成出来た時の快感を味わうことが
出来るからです。

 

アウトプットと目的が
やりがいに直結します。


私のブログでは度々目標の設定について
お話をしてきましたが、それと同様に

学ぶことでどうなりたいか?
何をしたいのか?

それらが見えないと目標達成のイメージが
出来ません。

アウトプットも目標に近づくことで
満足感を得られるので結果的に
『やりがいが持てない』=『嫌い』
思い込みを作ってしまいます。

 

スポーツに限らずですが、
何か目標を達成したいと思った時に
嫌なことは一切やらずに叶えることは
難しいです。

 

だからこそ、自分がちょっと苦手だな〜と
思うものに対して『やりがいを見出すこと』を
意識してみてください。

そして、実践を通して習得する過程で
『やりがいへのエネルギーをさらに
強くすることが出来ます』

 

専門用語をなるべく使わないで
抽象的に話した部分があるため、
わかりにくいと感じた方は個別で
連絡頂けますと質問に対応します。

 

この記事を読んだ人が少しでも
苦手意識への思い込み、ブロックを
緩和出来たらと思います。

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

この記事がいいなと思った方は
コメント、SNS等でシェアの方
よろしくお願いします!

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓