条件反射的防衛本能を克服して夢・目標を叶える脳と思考

条件反射的防衛本能を克服して夢・目標を叶える脳と思考

人間の脳が
最もエネルギーを使う機能として
『生存』が挙げられる。

自身の生存率を高めるために
最善の選択をするために
脳が稼働してると言っても
過言ではないでしょう。

今日お話しするのは
生存の中でも防衛と逃避の機能が
夢・目標実現を妨げる理由と対策
について紹介します。

・過去に自分の夢や目標を
否定された経験がある人

・自信が欲しいけど持ちづらい人

・新たな夢・目標に挑戦したい人

これらに該当する人には
特にオススメの内容ですので
是非読んで頂けたら嬉しいです。

 

条件反射防衛本能とは?

そんな目標
達成できるわけがない!

周囲からはもちろん
自分でもそう思ってしまう。
でも、達成したい目標がそこにはる。

でも、高らかに大きな夢を
宣言した後に『お前には無理だ!』など
否定されたら傷つきますよね?

傷つくことを恐れ、
言い切りにするのではなく
『上手くいけば』『〜出来たらな〜』

このように語尾を濁して
言葉を発した経験は
ありませんか?

このことを
『条件反射防衛本能』
と言います。

簡単にいうと言い切ることによって
近い未来に起きる自分への攻撃を
防ぐための責任回避とも言えます。

いつの日からか
夢を語らない人間に

自分の中では期待した夢にも関わらず
否定されて傷つく・あるいは恥をかく。

これらの経験が長く引っ張りいつしか
『自分には夢を語る資格がない』
心の奥底でしまうケースがあります。

 

そもそも人間の心理には
何かを得られるメリットより
失うリスクに強く心を動かされます。

日本人の場合特に
この傾向が強いです。

 

挑戦に対して
出来ない理由が先行する


過去の傷ついた経験から
失敗をしないための考え方が
強く定着します。

 

とりあえずやってみよう!
思って動ける人には理解しにくいですが、

達成するにはどうしたら良いかではなく
失敗を避けるにはどうしたら良いか?

 

自分が傷つくことなく
立ち回れる選択肢が
最優先になってしまいます。

達成出来る理由を
思考する脳を育てる

出来ない理由を思考する力は
大半の人間が得意とする
能力です。

 

勉強、運動、人付き合い、恋愛など
上手くいくことより上手くいかないことが
大半だったはず。

〜だから出来ない、〜だからやらない
これらの理由は容易に出てきます。

しかし、この思考が定着したままでは
あなたの夢や目標が達成されることは
ありません。

 

なぜ出来ない?から
どうすれば出来る?へ


なぜ出来ない?を考えた先には
出来ない理由しか出てきません。

一方どうすれば出来る?で考えると
出来る理由を考えることになります。

 

夢や目標を達成するための第一歩は
『どうしたら達成できるか?』
自分自身に自問自答して
向き合う状態を作ることです。

 

早く脳を
麻痺させてください


防衛や逃避を繰り返すと
否定=ダメなこと
思い込みが出来てしまいます。

でも、『NO』と言われることが
決してダメなことではありません。

とは言っても最初から
思い込みを外すのは難しいです。

そこでまずは
『次どうしたら出来るか?』
問いかけるようにしましょう。

これも先ほど挙げた
達成するための思考です。

自分で問うのが難しければ
第3者にやってもらっても
大丈夫です。

 

この質問を繰り返すことで
否定=全てがダメという思い込みを
外すことが出来ます。

 

夢を語って何が悪い!


想像して欲しいのですが、
夢や目標のない人生を過ごして
楽しいと思いますか?

自分は将来的にこれくらいの伸び代で
これくらいの能力で年収がいくらで
誰と結婚するか予測がつく。

あなたは
ワクワクしますか?

夢が必ず叶うとは限りません。

例えば、オリンピックで金メダルを取るなど
定員数が限られたものを争うとしたら
叶えられる人と叶えられない人が出てきます。

でも、夢や目標を掲げることは
誰でも出来るし挑戦した結果が
望んだストーリーとは違うところで
歓喜や感動を生むこともあります。

自分に対する期待をいい意味で
裏切るためにも夢や目標を掲げて
達成に向けて挑戦してはいかがでしょうか?

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓