あの時こうしておけば…後知恵バイアスに印象操作されていませんか?

あの時こうしておけば…後知恵バイアスに印象操作されていませんか?

人の記憶は
無意識に書き換えられます。

エビングハウスの忘却曲線
というものが存在し、人は覚えてから
次のペースで忘れると言われます。

20分後:覚えた内容の42%を忘れる

1時間後:覚えた内容の56%を忘れる

1日後:覚えた内容の74%を忘れる

1週間後:覚えた内容の77%を忘れる

1ヶ月後:覚えた内容の79%を忘れる

 

そして、記憶が薄れると
印象が操作され、思い込みから
新しい記憶を作ってしまいます。

 

後知恵バイアスに
ハマっていませんか?

脳には物事の結果を
予測できたと思い込む
クセが存在します。

『だからそう言ったのに』
『やめといたほうが良いのに』

こんな言葉を聞いたり使った
経験ありませんか?

これは、自分をよく見せようとしてではなく
本当に自分で考えて予測したと
思い込んでいます。

つまり、記憶が
書き換えられてしまっている
ということです。

 

後知恵バイアスが
結果主義を引き起こす

後知恵バイアスにかかってしまうと
途中の過程を一切考慮せず、
結果だけで物事が判断されます。

テレビで野球の試合を見てたとして
監督の采配にあなたが疑問を
持ったとします。

先発ピッチャーの調子が落ちてた
中継ぎのピッチャーと相手チームは
相性が良いことを考慮して
監督は交代の采配をした。

しかし、代わって出てきた
ピッチャーが打ち込まれてしまった。

監督の采配の意図を知らず、
結果だけ見てしまうと

ピッチャー変えた
采配がそもそも間違いだ!

そんな風に思う人も
いるでしょう。

あなたもスポーツ、仕事に打ち込む際に
自分のことをよくわかっていない
第3者に結果だけ見て批判・揚げ足を取られた
経験はありませんか?

自分にとって痛い部分を言われて
落ち込むかもしれませんが、

過程の手応えを分析して
良かったと感じる部分は
しっかり成果として承認して下さい。

 

後知恵バイアスで
自分を責めないで

『あのときこうしておけば!』
『なんで気付かなかったんだろう!』

後々になって
後悔した経験ってありませんか?

当時までの記憶を遡った時に
過去の自分に期待の意味も込めて
後悔が生まれ『自己批判』に繋がる。

これも後知恵バイアスの
事例の1つです。

 

後知恵バイアスの対策

結果ではなく
期待値追求で考えましょう。

同じようなシチュエーションが
仮に10回訪れたとして
80%の確率で得するのであれば

確率の高い選択肢を実行しましょう、

大事なのは結果ではなく
自分にとって得な選択を
冷静に選ぶ力です。

もちろん、勝算の高い選択をしても
負けることはあります。

それでも、今後長い目で見た時に
勝算の高い選択をする力は
確実に力になります。

そのためにも、
結果までの過程を
多角的に見るようしましょう。

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓