スポピザvol.5〜スポーツ×SNSを考える〜に参加して来ました!

スポピザvol.5〜スポーツ×SNSを考える〜に参加して来ました!

スポピザとは?

ピザを食べながら、スポーツを起点とした
テーマのトークセッションや交流会が
体験できるイベントです。

スポーツビジネスに関心がある
社会人、経営者、アスリートの方が
多数参加されました!

※文章は一部スポピザ申し込みフォームを参照

 

スポーツとSNSの関係性

そもそも、なぜスポーツ業界で
SNSが注目され始めているのか?

2013年の段階で
携帯の普及率が100%を超えており
SNSの利用ユーザー数も次のような
データが存在します。

【月間アクティブユーザー数】

Twitter 4,500万人

LINE 8,200万人

Instagram 3,300万人

Facebook 2,600万人

YouTube 7,523万人

Tik Tok 950万人

※データ算出時期が
各種SNSで異なる。

2017~2019年時点での
データを採用

このデータから何が言えるかというと
SNSを日常的に目にする機会を
日本人の7~8割の人が持っている
ということです。

この機会を利用して
自社のサービスであったり

プレイヤーとして関わる
競技の普及活動、アピールにも
繋げることが出来るため
注目が高まりました。

 

トークイベント登壇者

*『アスリートのための
ソーシャルメディア活用術』著者
Revive Inc. 五勝出 拳一

*株式会社ホットリンク
執行役員CMO 飯髙 悠太

*ラグビーワールドカップ2019
デジタルチームリーダー 河原井 瑛太

*スポーツイベントプロデューサー・
BMX普及団体事務局長 佐藤 奨

 

そして、今回現役アスリート枠として
3名のアスリートの方が
参加されました。

 

バレーボール選手 野瀬 将平さん

プロチアリーダー yaoさん

デフフットサル選手 野寺 風吹さん

今回のイベントでは
現役アスリート3名のSNSアカウントと
スポピザ公式アカウントを分析し、

改善出来る点を登壇者から
フィードバックを受けて
理解を深めました。

これからSNSの利用を
考えているアスリート、会社の方へ

 

今回のスポピザに参加して
ディスカッションに上がった内容を
いくつか紹介させて頂きます。

1 ツイート数、発言数を多くする。

やはりまずは
人目につかなければ始まりません。

どんな素敵な内容であれ、
閲覧数が少なければ意味がない。

自分がどんな人なのか?
どんな価値を届けるのか?
認知を広げるアクションがまず必要。

 

2投稿を見てもらえる
エリアを拡大する

例えば、特定の競技の普及を
考えている場合。

競技人口の少ない競技で
自分の競技だけ発信しても
フォロワーは増えない。

つまり、自分の競技を知らない人に
見てもらい魅力を伝える必要がある。

業界のインフルエンサー的な
立ち位置にいる人に向けて
発信するのも1つの手段である。

別軸の活動をしてる人の
フォロワーに届けることで
自分のアカウントの閲覧人数を
急増させられます。

 

3 恐れずにやる

 

会社やアスリートの方だと
炎上で信頼を失うのは
避けたい方が多いと思います。

 

しかし、リスクを避けてばかりでは
SNSを有効活用することは
いつまでも進みません。

特に競技の内部で関わる人が
外部に対して明瞭化することで
競技に対する興味、関心は高まります。

今後、よりSNSが活発になることを
期待しています。

 

もっと詳しく知りたい人へ

会場でグラフィックレコーダーの
ののさんが会場に来れなかった人に向けて
登壇内容をまとめて頂いたので
よかったらこちらを参照して下さい。

 

 

そして、こちら登壇者の方が出版した
SNS活用本です。

とても中身の濃い内容ですので
是非一度手に取って
読んで見てはいかがでしょうか?

アスリートのためのソーシャルメディア活用術

 

 

 

僕らはSNSでモノを買う

 

トークイベント以外にも
スペシャルパフォーマンス!?

フリースタイルフットボールの
りゅートリックスさん

会場で圧巻の
パフォーマンスを
披露してくださいました!

 

後、志願兵がいました笑

 

その後は参加者の交流会があり、
とても盛り上がりました!

スポピザは今後も定期的に開催されます。
私もまた参加しますのでお会いする機会が
ありましたらお声がけ頂けると嬉しいです。

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓