スポーツの『夢』と『仲間』が集う場所 Base Campに参加してきました。

スポーツの『夢』と『仲間』が集う場所 Base Campに参加してきました。

『学生』×『スポーツビジネス』

Base Campでは
スポーツビジネスを志す学生を対象に
交流会やグループディスカッションを
通じて価値観、意見の交換を行いました。

『今の自分の状態を把握して
考えがまとまった』

『同世代の活躍に
刺激を受けた!』

『新しい人との繋がりが出来た!』

などなど
収穫が各々あったみたいで
充実したイベントになりました。

運営の方々をはじめ、
皆さまお疲れ様でした。

5分の登壇で
伝えられなかったこと

私も急遽登壇することに
なりました!

5分ほど活動の紹介と
今後スポーツに関わる人に向けて
メッセージを話させて頂きました。

この記事では登壇の5分では話せなかったこと

これからまだまだチャレンジを
続ける学生に向けたメッセージ

書きました。

少し文量は長いですが
将来について悩める
学生の人は是非読んで下さい。

 

今の学生へ

・やりたいことが見つかってない人

・目指す未来は決まってるけど
スッキリしない人

・アクションを起こして
スランプに感じる人

大きく3つに分けてお話します。

自分が当てはまると
思ったところだけ
抜き取って読んでみて下さい。

 

やりたいことがまだ
見つかってない人へ

将来、こんな存在になりたい!
サービスやモノを作りたい!

自分が情熱を持って打ち込めるものが
まだ見つかっていなくて焦りを
感じていませんか?

ちなみに私もまだ
探してる途中です。

この活動にしても最初は
テニス選手に役立つサービスを
作りたい!
がきっかけでした。

そこからテニス選手に
特化したメンタルサポートを初めて
スポーツメンタルカウンセラー
なりました。

このようにコロコロ変わることは
何も悪いことじゃないです。

ここでお伝えしたいのは
一度何かに焦点を絞って
やり込んで欲しいということです。

目指そうとする世界が変わることは
悪いことではないが、本気で目指そうと
しなければ『何がしたいかわからない
モヤモヤした状態』からは抜けられません。

結局、やってみなければ
何もわかりません。

 

夢は大きく持て!

バカみたいと言われても
達成不可能だと言われても
自分が叶えたい!と思うなら
声を大にして宣言して下さい。

自分の能力を過小評価して
『俺になんて出来るわけない』
可能性を狭くしていませんか?

夢に関しては出来るかどうか?
打算は必要ありません。

『やりたいかやりたくないか?』
設定基準はそれだけでいいんです。

周囲の目や評価は全て無視して
自分の気持ちに素直になって下さい。

 

すでに目指す未来がある程度
見えてるけどモヤっとする人へ

今の自分の生き方に対して
『この生き方で後悔しないかな〜』
と不安に思ったことありませんか?

大きな目指す未来はあるけど
先が遠すぎて近づいてる
実感値が湧かない人は
続きを読んで下さい。

 

後悔しないとか無理だから

スポーツを経験した人なら
わかってもらえるかもしれません。

試合前に自分が最善の準備をして
臨んだとしても試合に勝てないことは
そこそこの頻度で起こります。

結果を求めて結果が出ないと落ち込みます。

未来が見えるわけではないので
違う選択肢を選んだ時の結果は
どうやってもわかりません。

だからこそ、
後悔は避けられません。

これまで後悔しない
生き方をしたい!と考えてきた人は

後悔を減らす生き方に
考え方を変えて下さい。

若いうちに〇〇をたくさんする

後悔する結果は避けられなくても
後悔する回数や致命的な後悔は
減らすことが出来ます。

そのためには若いうちに
たくさん失敗することです。

私はこの活動をはじめてから
たくさん失敗しました。

アポを無断で休んだし、
売上金をもらえず逃げられたし
セミナーを開催して0人の時もありました。

でも、これらの経験は
今確実に自分の力になってます。

チャンスはいつ来るか
わかりません。

チャンスが来た時に
力不足で掴めないのは
あまりに勿体無いです。

そのためには早くたくさん
失敗を経験することです。

 

自分ですでに色々行動してるけど
スランプに感じる人へ

少し心理学の話になりますが、
人には潜在能力と顕在能力が存在し
自分のことを理解できる割合は
5~8%と言われています。

つまり、自分のことの9割は
自分で正しく理解出来ないのです。

だからこそ、定期的に
自分と向き合って下さい。

そして、自分は
『なぜ今この活動をしてるか?』
『誰にどんな価値を届けたいか?』
『将来どうありたいか?』

自分の生き方に
迷いが生じる度に
何度でも考えて下さい。

 

何回も思考を重ねることによって
本当の自分の進みたい道が
見えて来ます。

悩み辛いと感じるのは
筋トレの筋肉痛のような
ものだと思って下さい。

 

相談できる人を作る

先ほど顕在意識のところでも
お伝えしましたが人は自分のことを
正確には理解できません。

なので、第3者からみた
客観的な意見も聞くように
して下さい。

意見を取り入れるかどうかは
あなたの自由です。

あなたの人生なので
自分で決断して下さい。

ただ、より良い生き方を
選ぼうとしてもそもそも
選択肢になければ選ぶことが出来ません。

選択肢漏れを防ぐためにも
客観的意見をもらう存在を
見つけるようにしておきましょう。

 

最後に

今の時代、仕事も生き方も
たくさんの選択肢がありますし
これから先も増え続けるでしょう。

なんとなく既存のライフスタイルで
将来を過ごすことに嫌悪感を持つ人も
少なくはないでしょう。

結局、現時点ではどの選択肢が
長い目で見たときの正解かは
誰にもわかりません。

だからこそ、自分都合で
夢や目標を追いかけて下さい。

『若い』という要素だけで
大きなアドバンテージを
各々が持っています。

もっと自分の価値を高く見積もって
挑戦を積極的にしてほしいです。

夢は持久走と同じです。
ほとんどの夢は諦めない限り
掴むチャンスがあります。

現在の状況も過去の経歴も
一切関係ありません。

これからをどう生きるか?
それだけです。

この記事を読んだ人が
少しでも自分に希望を持って
一歩を踏み出せる人が
増えることを願っています。

それでは、最後まで
お読み頂きありがとうございました。

 

公式LINE新しくしました!

メンタルに関する記事、動画を
定期的に更新中!

スポーツメンタルカウンセラーRYOYA
公式ラインを新しくしました。

テニス選手以外の人にも向けた
内容をこちらのLINEで発信します。

興味のある方ご登録の方
よろしくお願いします。

友だち追加

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓