キツい練習をするだけでは試合に勝てない!試合当日の過ごし方をどこまでイメージしていますか?

キツい練習をするだけでは試合に勝てない!試合当日の過ごし方をどこまでイメージしていますか?

練習には大きく
2つの目的がある。

1つは能力の肥大化です。
マラソンで言えばスタミナ強化、
野球で言うと急速upなど
スキルの基礎固め的な部分を表します。

もう1つは
持ってる能力を
試合で使い切る練習です。

練習は試合本番で勝ち抜くため、
好パフォーマンスを出すために
行います。

つまり、いくら練習が上手でも
本番で力を発揮出来なければ
全く意味がありません。

 

試合で力を出すための
準備を意識的にしてますか?

ある大学の1部リーグで活動する
部活動のチームに次のような
アンケートを取りました。

Q練習ではどのようなことを
意識してるのか?

この質問に対して
本番の試合で勝つことを意識する
答えた選手がほとんどでした。

次に
Q試合で一番大切に
していることは何か?

この質問に対して
『心』『気持ち』と答える人が
8割以上でした。

最後に
Q試合で勝つために『心』の部分で
対策をしていますか?と聞きました。

すると1人を除く選手が
対策をしていないと答えました。

あなたは試合で勝つための準備が
『出来てます!』と言い切れますか?

たくさん練習量をこなすだけが
試合で勝つための準備にはなりません。

試合で勝つための
プランチェック表を作ろう!

試合当日の1日を事細かく設定して
試合で勝つビジョンを作りましょう。

 

試合会場に向かう前の準備だと
・朝何時に起きるのか?
・試合会場には何で行くのか?
・何時までに受付、エントリーを終わらせるか?

 

試合会場に着いたら
・どんなウォーミングアップをするか?
・試合直前は何をして過ごすのか?
・対戦相手、会場の下見はいつするのか?

試合が始まったら
・試合開始直後はどんなプレーをするか?
・試合中盤ではどうするのか?
・リードしてる時、負けてる時でそれぞれどうするか?
・インターバル、休憩の時はどう過ごすか?

 

試合が終わった後
・どんな振り返りをするか?
・次の試合に向けてどんな準備をするか?

 

そんなに細かく考えないとダメなの?って
思った人も中にはいるかもしれません。

しかし、試合当日で起きうる展開を
イメージしておくことはとても重要です。

勝負の舞台において
不足の事態は避けられません。

この時に予測が出来たかどうかで
当日その場面に出くわした時の
心理的余裕も大きく変わってきます。

勝つための準備と言ってきましたが
最悪の事態を防ぐ準備とも
言い換えられます。

試合の数日前になると
身体的に追い込む練習は
少なくなると思います。

身体のコンディションを整えると同時に
試合当日に向けた心の準備も
忘れずに行うようにしましょう。

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

公式LINE新しくしました!

メンタルに関する記事、動画を
定期的に更新中!

スポーツメンタルカウンセラーRYOYA
公式ラインを新しくしました。

テニス選手以外の人にも向けた
内容をこちらのLINEで発信します。

興味のある方ご登録の方
よろしくお願いします。

友だち追加

 

コメント、問い合わせはこちら↓

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでシェアお願いします↓