メンタルデザイナーって何?

こんにちは、RYOTAです!

この記事では私がメンタルデザイナー
として活動してる理由について
お話させて頂きます

 

メンタルデザイナーって何?

 

大半の人はまず頭の中に『???』
を浮かべたのではないでしょうか?

メンタルの指導を仕事とした人は
たくさんいます。

・メンタルカウンセラー
・メンタルコーチ
・メンタルトレーナー‥

しかし、私があえてこれらとは違う
メンタルデザイナーと名乗るのには
理由があります。

 

固定概念にない活動をしたい!


メンタルの指導、教育は10年ほど前と
比較すれば確実に浸透していますが、
まだまだ閉鎖されてる業界だと考えています。

欧米ではメンタルの仕事がサラリーマンと
同じ要領で浸透しており、需要と供給の
関係も成り立っています。

また、学校の授業やプロスポーツチームの
スタッフ、サポートとして活動する場が
与えられています。

それに比べて日本は普及はしつつあるものの
世界を飛び回る超一流アスリートや経営者など
受講出来る人も限定的になってしまう。

さらには守秘義務の関係から活動の様子を
公開出来ないケースもあります。

そのため、どうしてもメンタルについて
学びたいと思っても学ぶための環境が
整っていないのも実情です。

 

未だ解明されない
メンタルの未知な世界


『メンタルって何?』

この質問をされてまともに
答えられますか?

おそらく9割以上の人が
ぼやけた回答になるのではないでしょうか?

それもそのはずです。
なぜなら、人間の脳について
まだ解明されてないことが
たくさんあるからです。

メンタルは目視出来ない存在なため、
何を基準に判断をすべきか
わかりにくいものです。

スポーツの試合でも1つのプレーの
成功失敗がメンタルが原因なのかどうか
判別がかなり難しいです。

その影響もあり、メディアや解説、評論家でも
メンタルについて本質的理解をしないで
使っていることもあり、メンタル教育的には
悪影響を与えている場合があります。

 

メンタル指導者が増えにくい実情

メンタルの指導者になるためには
弁護士や医者のような資格が厳密に
必要な訳ではありません。

そのため、民間の資格が乱立して
資格ビジネスとして横行してるのが実情です。

資格ビジネスを批判する訳ではありませんが、
メンタルの知識を習得し実践しようにも
その次に集客面で苦戦をする指導者がほとんどです。

そのため、資格を取ったとしても
収入が変化しない場合があります
(もちろん全てがそうではありません‥)

いくらメンタルについて学ぶのが好きで
稼ぎが小さくてもいいから仕事にしたいでも
ある程度限度はあります。

知人のメンタルトレーナーで
100万円以上かけて学んで
収入が月に3万円の方もいました。

 

今まで存在しない新しい
メンタルの指導者を目指す

私がメンタルデザイナーとして
活動する理由はまさにこれです。

・メンタルの指導者として事業で
生計を確保する

・資格に頼るのではなく、クライアントの
ためになる知識とサービスを提供する

・メンタル学習を文化にするための
発信をしていく

20代前半のメンタル指導者だから
出来ることを理念に活動しています。

他人の人生をサポートし、
それぞれの快適な人生を構築する

メンタルデザイナーとして
活動する目的は1人1人の可能性を
最大限引き出す存在になることです。

人の人生に優劣は存在しない。

スポーツ選手とサラリーマンの人生で
どっちの方が優秀だったとかありません。

評価する基準があるとしたら
本人が自分の人生を最高だったと
言えるかどうか次第です。

だからこそ、
自分で自分の人生をコントロールする手段
充実したと言える人生を過ごすための
価値観を構築する必要があります。

そのために、手法にこだわるのではなく
クライアントのなりたいビジョンに
合わせたセッションをしたい。

そんな思いから人の価値観を創造する
メンタルデザイナーという肩書きで
活動を始めました。

メンタルについて不明瞭なことを
解明していくと共に、自分の人生を
自分の選択で生きることに自覚を持つ。

そうすることで、自分のメンタルと
見つめ合う第一歩になります。

以上がメンタルデザイナーとして
活動してる理由です。

これからもSNSやブログを通じて
発信を続けていきますので私の活動を
応援してくれる人はチェックして
頂けたら嬉しいです。

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

その他のお知らせ

More