しばらく打たないだけで違和感を感じませんか?

んにちは!RYOYAです!

 

新年を迎えて初打ちをされる方も
増えてきていると思います。

 

久しぶりにテニスをすると
あれ?いつもと何か違う!
全然ボールに思うように当たらない!

こんな経験ありませんか?

 

年明けに限らず、テスト期間などで
久しぶりにテニスをすると
違和感を覚えた経験があったと思います。

 

そこで今回は
久しぶりにテニスをする時に
意識すべき事について紹介します。

この記事ではストローク
特化してお話しします。

久しぶりにテニスをする時の注意
ストローク編

まずは打つ身体の位置を確認

打点を身体の前に持ってきて
ボールとラケットが当たる場所を
見るように心掛けましょう。

いつもよりも少し強めに
ボールを打つ位置を
見るようにしましょう!

 

フォームを気にする人が多いのですが、
まずは普段捉えて打つ打点の確認から
入りましょう。

ラケットのどこに
当たっているか確認

ラケットの下の方に当たっているのか?
あるいは先端よりなのか?

 

どこで当たっているか
見るようにしましょう。

 

慣れてきたら感覚的に
ラケットのどこに当たっているか
意識して見ましょう。

 

普段自分がどこに当てて
ボールを飛ばしているのか?
思い出しながら練習しましょう。

 

準備を早くを徹底!

久しぶりに打つと目の前のボールで
いっぱいいっぱいになりやすいので
準備が雑になりやすいです。

 

また、同時に足が止まらないように
することも意識しましょう。

 

ボールの後ろの打点に入る
当たり前のように聞こえるかもしれませんが
大切なことです。

脱力をいつもより意識

普段通り打ち込もうとすると
差し込まれたりホームランをしたことは
ありませんか?

 

打点に入る際に横向きを作る。

 

横向きを作る意識として
へそを一度横に向けましょう。

 

そして、腰のターンによって
打ち終わりにはへそが
前を向くようにしましょう。

フォロースルーまで油断しない

ボールが飛びすぎるのを恐れて
スイングを途中で止めてしまう人がいます。

 

フォロースルーでラケットの先端が
背中に当たるくらいのイメージで
ラケットを身体に巻きつけましょう。

スイングが縮こまらないように
大きくスイングしてあげましょう。

番外編
打点を自然と前に取る方法

トンカチで釘を打つ
イメージをしてください。

釘を打つ時に必ず
持ち手の部分が先行して
反動で先端部分が連動します。

 

グリップエンドが先行して
ラケット面が後から付いてくる
スイングを目指してやって見てください。

久しぶりににテニスを
するときに心がけること

あなたが下手になった訳では
ありません。

久しぶりにテニスをして
上手く打てなかった時に
焦ることがあるかもしれません。

 

しかし、いくら焦っても
テニスは上手くなれません。

調子がよくない時ほど
初心に帰って自分のテニスを
見直してみましょう。

 

それでは、最後までお読みくださり
ありがとうございます。

コーチのおすすめ記事

この記事を書いた人