テニスは決断のスポーツであることをご存知ですか?

んにちは!RYOYAです!

 

今回は決断力を上げる方法!
について紹介します!

テニスは決断のスポーツ

テニスにおいて試合中に
選択を迫られる場面があるはずです。

 

 

✅ポーチに出るか
ストレートケアをしようか?

 

✅強打しようか繋げようか?

 

✅相手のどこを
狙って打とうか?

 

このようにラリーの連続性の中で
多くの決断をしています。

 

この決断力が瞬時に出来ないと
勝負所のポイントで致命傷となる
ミスを引き起こす可能性が高くなります。

 

 

自分の決断に対して結果がついてこないと
プレーに迷いが生まれ、自信がなくなる
悪循環へと繋がって行きます。

 

 

そこで、決断力に自信がない人に向けて
決断力を高める方法を紹介します。

 

決断力を高める方法‥

 

やることを
パターン化して
確定させましょう!

 

 

例えば、

 

✅味方サーブが
バックハンドに入ったら
ポーチに出よう!

 

 

✅最初のゲームで最低1回は
パッシングショットを打つ!

 

 

言い換えれば、
迷う時間をカット
してしまうことです。

 

 

もうやることが決まっているので
次の動作に迷わず移行できます。

 

 

やることを決めるのではなく、
やらないことを決めるように
しましょう!

 

 

結果としてそれで失敗しても
自分で決めた決断に対して
行動出来たのであればOKです

 

 

パターン化について補足

パターン化すると
相手に読まれるから
よくないんじゃないですか?

 

こんな意見を持った方も
いるかもしれません。

 

これに関しては
テニスの経験値と同時に
シチュエーションごとの
選択肢の幅が自然に広がります

 

そのため、全てのものをパターン化
する必要はありません。

 

試合を振り返った時に悩む状況に
出会った時の対処方法を決めて
試合に臨んでみてください!

 

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございます!

この記事を書いた人