イチロー選手から学ぶプロフェッショナルの作り方

先日イチロー選手
引退を発表されました。

野球界に数々の記録を
打ち立てました。

wbcのタイムリーヒットをはじめ、
彼の活躍が脳裏に焼き付いてる人も
多いと思います。

イチロー選手は
メンタルトレーニングを
日本ではまだ馴染みが少ない時期から
取り入れていました。

 

試合の打席に立つ時の集中力
ここぞという場面での勝負強さ
自分をコントロールする力

 

これらは全て生まれ持ってではなく、
日々の努力によって作られたものです。

一流は生まれながらではなく、
日々の努力で作られます。

才能があるから‥
センスがあるから‥

一流になれる人は限られるのでは?
そう思うあなたもいると思います。

 

勝負の世界で試合の勝者は
常に1人です。

全員が必ず結果が報われるわけでは
ありません。

 

しかし、意識だけは
一流にすることが出来ます。

 

一流の意識を持つことで
考え方の質が変わります。

あなたが今より
もっと勝ち上がる選手になりたい!

そう思う人は自分が尊敬する人なら
どんな行動をするか考えてください。

例えば、試合で明らかに入ってたボールを
アウトとコールされたとします。

普通ならイラっとしますよね?
そこからメンタル的に崩れる選手も
少なくないでしょう。

 

しかし、自分の尊敬している
選手だったら
どうか
考えてください。

自分の目指す選手だったら審判に
怒りをぶつけず、次のプレーに
気持ちを切り替えてはいないか?

 

このようにあの選手だったら
どんな考え方をしているか?
気にするようにしましょう。

 

目指す選手があなたに
刺激を与えます。

以前の記事で目標を持つことで
パフォーマンスが変わるという
お話をしました↓

 

そこにも書いた内容ですが、
目指すものが具体的であれば
そこに向かって努力することが出来ます。

あなたは絶対に負けたくない
ライバル的な存在はいますか?

自分のパフォーマンスを高めていく上で
競えるライバルの存在は大きいです。

今日のワーク

あなたは絶対に負けたくない
ライバルはいますか?

 

名前は出さなくていいので
ライバルがどんな存在か
教えてください!

 

もしライバルがいないのであれば
この機会に考えてください。

 

ライバル設定の注意点なのですが、
自分が頑張って手が届く相手で
同じステージで戦っている人
にしてください。

 

プロじゃない選手が
ライバルに錦織圭を設定すると
戦う土俵が違います。

活躍に刺激を受けるかもしれませんが、
自分がそこから動き出して変わるための
刺激にはなりません。

 

10回戦って2、3回
勝てるくらいの相手にしましょう。

簡単に勝てる相手でも
遠すぎる相手でも
ライバル設定では効果が出ません。

勝ちたい!という願望で
設定しても構いません。

心理学の研究で宣言効果というものが
あります。

宣言することによって
何が何でも達成しようと
マインドが切り替わります。

この機会に
あなたの目標とする
相手に
勝つことを私に宣言してください。

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

T-MENTAL創立特別記念

TーMENTAL創立
特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

 

 

 

この記事を書いた人