ダブルフォルトを避けられない理由とは?

んにちは!RYOYAです!

 

今回は誰もが経験がある
ダブルフォルトについて
お話ししようと思います。

 

サーブとメンタルの関係性

テニスのショットの中で唯一
ミスしてもやり直しの出来る
ショットがサーブです。

 

しかし、ラリーの始まりのショットになるため
流れを作るショットという意味では
一番難しいショットでもあります。

 

 

そこで今回はダブルフォルトを
メンタル駆け引きの要素から
考えて見ます。

 

サーブが上手くいかない原因

一連の動作で
リズミカルに打てていない

✅トスが不安定

✅弾道のイメージが描けていない

✅ファーストサービスを
攻めすぎて安定しない

 

 

それによって、
セカンドサーブを打たされる機会が増加して
結果としてダブルフォルトに繋がっています

 

そこで、
これらの原因に対する解決策
いくつか考えてみます。

 

① サービスの動作に
自分なりの癖、決まりを作る

 

サービスは唯一
自分のタイミングで誰にも
邪魔されることなく打てるショットです。

 

そのため、
同じタイミング、リズムで
打つことで安定感が増します。

 

試合本番だと緊張疲労
同じサーブを打ち続けることが
困難になってきます。

 

同じサーブを打つコツ

時間を作るように
しましょう!

 

特に上手くいっていない時ほど
心を落ち着かせる時間を取らずに
次のサーブを打つことが多いです。

 

試合中にサーブの調子が悪いと感じたら
一度間合いを作るなど心身落ち着いて
サーブを打つようにしましょう!

 

2状況に合った
サーブを選択する

 

ここでは、サーブを強く打つ場合と
入れに行く場合のパターンを考えていきます。

 

⑴サーブを
強く打つ場合

サーブは2本打てるため、
ファーストサーブは
攻撃的に打つことが多いです。

男性陣の場合、
サービスエースを狙おうとして
かなり攻撃的に打つ人も多いと思います。

 

 

狙い自体が悪いことではないのですが、
一本で決めたいと思って必要以上に
力んでしまってはいませんか?

 

一本で決める=ラリーを避けたい

 

というような心理が働きやすくなるため、
サービスはあくまで

 

今後のラリーを有利に進めるため
ショットだと考えるようにしましょう。

 

⑵サーブを
入れに行く場合

 

✅サービスの調子が悪い時

 

✅絶対にダブルフォルトが
出来ない場面

 

サービスの威力を落として
確実に入れに行くことがあると思います。

 

威力を落として入れにいく選択が
悪いわけではありません。

 

しかし、それでサーブの質が落ちると
相手が有利にラリー展開を
進めることになります。

 

気持ちが下がると
自信を持ってサーブを
打ちにくいものです。

 

その結果、極端にスイングスピードを
調節しようとしてミスに繋がりやすくなります。

 

まとめ

状況に合わせたサーブの使い分けで
大事なことをお伝えします。

 

それは

状況によって気持ちが
変わらないことです!

 

弱気になってしまうと
自分のサーブに自信を失い
安定感も損なわれます。

 

試合本番で
自信を持ってサーブが打てる
ように練習しましょう!

 

次回はダブルフォルトを
減らすための分析とテクニックについて
紹介するので楽しみにしてて下さい!

 

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございます。

この記事を書いた人