テニスに必要なリスク回避と状況判断

テニスはリスク回避を
選択する競技であることを
ご存知でしょうか?

 

得意なプレーを常に選択する

得意なショットと苦手なショット
どっちが楽に打てますか?

 

ほとんどの人が前者ですよね?

 

得意なショットの方が
ミスの確率が低いです。

つまり、リスクを
回避していることになります。

 

チャンスでリスクを恐るな

チャンスボールが苦手です‥

 

このような意見を数多く頂きました。
技術的な理由もあるが、メンタル面の影響も
少なからず関係しています。

 

失敗するのが怖い‥

 

そこで消極的になって、
自分から打つことをやめて
失点を回避しようとする人もいますが、
これはやめた方がいいです。

 

自分から打ち込まなくても
勝てる相手であればいいかもしれませんが、
大会で上位入賞を目指すには難しいでしょう。

 

チャンスの場面では
得点80%失点20%で考える

チャンスの場面は
フラットな状態でラリーをするより
得点の可能性が高いです。

 

試合でスマッシュを打つチャンスは
ベースラインで打ち合うより
得点の機会が大きいはずです。

 

しかし、後ろで打ち合いをする時よりも
失敗するリスクも上がっています。

 

ここで大事なのは
成功した、失敗したの結果ではなく
チャンスの時に攻撃出来たか?です。

 

戦況的に有利だと判断して
攻撃を選択した。

この判断が合ってたかどうかを
気にしてください。

 

判断の精度を高めることで
技術の精度が上がった時に
得点の機会が格段に増えます。

 

闇雲に打ち込むのでも、全部守るのでもなく
攻撃すべきタイミングを見極めて
自分の判断に自信を持てるようにしましょう。

 

今日のワーク

 

今までの試合で
ミスが怖くて消極的なプレーを
した時の詳細を教えてください

 

そして、なぜミスが怖くなったのか?
リスク回避が出来ていたのか?
振り返ってみてください。

 

大事な場面でも
リスクを恐れず
自分のテニスをしましょう。

 

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

T-MENTAL創立特別記念

TーMENTAL創立
特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

この記事を書いた人