距離感の遠い人や面識の薄い人と話す時に使えるコミュニケーション術3選

今まで話してこなかった人と
もっと距離感を近づけたい!

初めて会う人に
好印象を持たれたい!

年上や後輩など
年齢が離れた人と

活発な会話がしたい!

今回は共通点がない人とでも会話が弾む
コミュニケーション術3選を紹介します。

 

この記事を読むことで
・話しやすいと相手から
信頼が生まれる

・相手からもっと話したい!
と思わせることが出来ます

・話しやすい!と言われて
人と話すことが好きになる

 

実際に私がセッションで実践している
テクニックも1部含まれていますので
是非参考にしてください。

1 会話の主役を相手に渡す

言い方を少し変えると質問調
会話のやり取りをするようにしましょう

なかなか共通の話題が見つからないと
そもそも『何話したらいいの?』って
なる人が多いのでまずは話のネタ探しです。

その上で相手に会話の主導権を
持たせて会話を進めるようにしましょう。

話す量の割合としては2:8くらいで
相手に話してもらうことを意識して
やってみましょう。

その上で相手の話を深堀りしていくことで
話のネタがなくならないのでオススメです。

 

2 リアクションをしっかり行う

1で会話の比重を2:8で行うため、その分
あいづちを行うようにしましょう

想像してみて欲しいのですがあなたが
相手に話しかけた時にそっけない
対応をされたり反応が薄いとどう感じますか?

『この人聞いてるのかな?』
『話がつまらないのかな?』
って思いませんか?

しかし、あいづちがあって
リアクションをすることによって

相手は話を聞いてくれてると
安心してさらに自分のことを
話してくれるようになります。

やること自体は単純ですが、
効果は絶大です。

おまけ ビデオ通話はオーバーくらいな
リアクションが良い

最近では、直接会わないビデオ通話を
用いる機会が増えました。

しかし、表情を見れないで声だけの
会話になるとあなたが思う以上に
声のトーンで相手の反応が変わります。

そのため、会話を弾ませるためにも
キャッチボールを止めないことを
意識してやってみてください

 

3 話のテンポ

ここでは、会話の中盤でのテクニックになります。

相手にしっかり話してもらうためにも
相手から自分に話してほしい!って
思ってもらうことが大事になります。

特に基本のテンポはややゆっくり目
意識しましょう。

話が盛り上がったり『あるある!』って
共感が生まれた時は自然と笑いが生まれたり
テンションが上がって会話のテンポが
早くなると思います。

このように会話の緩急があった方が
より話の盛り上がりを感じることが
出来ます。

また、相談だったり
相手の過去の体験、ストーリーについての
話の場合はテンポを落として話しましょう。

 

まとめ

今回の記事では初対面の人、ビジネスシーンでの
コミュニケーションについてお話させて頂きました。

色々テクニックについてお話させて頂きましたが、
相手ファーストで第一に優先して
話を進めることを意識して欲しいです。

そのためにも
『自分と違った価値観を持つ人を受け入れる』
この観点を持つだけで相手から好かれる
人間関係が築きやすくなると思うので
是非挑戦してみてください。

 

最後にお知らせ

今回は私がセッションで実践してる
コミュニケーション術の1部について
書かせて頂きました。

 

他にもこんな内容について書いて欲しい!
聞きたい!知りたい!と言ったリクエストが
あれば是非DMや公式lineでご連絡を
頂けたら嬉しいです(^^)

これからもブログ、YouTube、SNSを通じて
メンタル学習がより身近になる活動を
作っていけたらと思っていますので
よろしくお願いします。

それでは、最後までご視聴頂き
ありがとうございました。

この記事を書いた人