赤ちゃんから学ぶテニス上達の秘訣とは?

んにちは!RYOYAです!

今回は、
「心理的限界を突破する方法」
についてお話ししていこうと思います。

 

心理的限界を突破する方法

無自覚な自分を知りましょう

✅『こんな練習
どうせ無駄だよ〜』

✅『自分には
どうせ無理だよ〜』

✅『どうせここで
勝てないじゃん』

否定的な考え
を無意識にしていませんか?

 

未来の可能性を
潰していませんか?

「どうせ」
「自分殺しの言葉」です。

 

「どうせ」と否定的な考えは
自分の未来を無意識に
殺してしまっています。

 

このような心の雑音が
あなたの潜在的な能力に
蓋をしてしまう可能性があります。

 

しかし、人間は生まれながら
心理的限界を持っていたわけでは
ありません。

限界を勝手に決めていませんか?

あなたが赤ちゃんの時
想像して下さい。

生まれて間もない頃は
立つことが出来なかったはずです。

 

何度も転んで失敗を繰り返しても
1年もすると立って歩けるようになります。

 

赤ちゃんは失敗しても
「どうせ無理だもん」
そんな風に落ち込んだりしません。

 

その理由は
「何でも出来る」
思っているからです。

過去に引っ張られていませんか?

あなたに
『赤ちゃんの時の記憶を
鮮明に思い出して下さい。』

 

そう言っても思い出せる人は
ほとんどいないと思います。

 

赤ちゃんの時は
記憶というほど経験がないこともあり、
失敗を思い返すことがありません。

 

しかし、成長するにつれて
1度や2度の失敗で弱気になってしまい、

「どうせダメなんだ」

「俺なんて‥」

こんな思いをすることも
少なくありません。

 

このように感じるのは
あなた自身が過去の経験を
照らし合わせて判断するからです。

 

まとめ

あなたが心理的限界を突破するには
自分の可能性を信じる
ことが必要です。

そして、そのためには
過去の失敗と未来は
全く関係ないことを理解して下さい。

今勝てなくても、今出来なくても
未来で思考するかどうかはあなた次第です。

 

ここで自身の可能性を止めてしまうのは
試合放棄をするのと同じです。

 

まだまだ、若い時期に自分の可能性を信じて
テニスに取り組んで下さい!

 

それでは、最後までお読みくださり
ありがとうございます

 

この記事を書いた人