テニスの試合に出る人は『強者であり弱者であれ』

『強者であり、弱者であれ』

これは卓球男子日本代表
水谷隼選手の座右の銘です。

 

これはテニスの試合に出る選手の
心の持ち方として参考に
して欲しいです。

 

勝てないと思った
相手に勝つことは出来ません。

以前のブログでも紹介しましたが、
勝つことのイメージが出来ない
相手には勝利出来ません。

あなたがこれから戦う相手が
どうしても勝ちたい相手であれば
勝利の瞬間を鮮明にすることは
大事になるでしょう。

 

しかし、過信はNG

自分に溺れるというような
表現もしますが、過信は
雑念を生む元になります。

 

特にこの相手には
『勝って当たり前!』
『負けるわけがない!』

そう考えているあなたは
要注意です。

 

常にチャレンジャー

相手との立ち位置を
対等で考えるように
しましょう。

フラットな状態で
目の前の試合に臨むことで
余計な雑念を考えなくて済みます。

 

自分のプライドが高い人、
大会の中で勝ち進む過程では
自信の持ち過ぎに注意

自分より強い人と当たるときは
勝つ気持ちを胸に秘めて
目の前の出来ることを
全力でやって下さい。

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございます。

T-MENTAL創立特別記念

TーMENTAL創立
特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

この記事を書いた人