テニスのメンタルを強固なものにするダブルスのペアの関係性

ダブルフォルトしたら
ペアに申し訳ないな‥

チャンスで決めないと
ペアに怒られる‥

 

このようにダブルスのペアについて
悩んだことはありませんか?

 

シングルスであれば、
仮にミスしたとしても
全て自分の責任で済みます。

しかし、ダブルスはそうではありません。
ペアに対する罪悪感も残ってしまいます。

 

そこで今回は2人で戦う競技だからこそ
意識して欲しいことを紹介します。

 

ミスしない人はいません

頭の中ではわかっていると思いますが、
ミスをしない人間はこの世にいません。

 

プロの選手ですらミスがあるように
この記事を読むあなただって
ミスをするでしょう。

 

だからこそ、ミスをする事に対して
『悪』と言う気持ちを捨てましょう。

 

ペアのミスをフォロー

逆の立場を想像して欲しいのですが、
あなたがミスをした時にペアから
怒鳴られたらどんな気分になりますか?

 

「なんだよこいつ!」
「こっちだって一生懸命
やってるのに!」

そんな風に思いませんか?

 

自分がされて嫌なことは
やらないようにしてください。

 

申し訳ないと思うな!

 

日本人は真面目で
責任感が強い人が多いです。

 

そのため、自分のミスに対して
責任感を強く感じてしまう選手も
少なくありません。

 

しかし、過去の失点を
いくら悔やんだとしても
チャラになることはありません。

 

だからこそ、必要以上に
反省をする必要はありません。

お互いに失敗を許せる関係を作る

ここまで読み進めて
誰もが失敗しますし、
失敗を反省することが良くないことも
理解できたと思います。

 

だからこそ、ミスした時に
2人で前を向けるような
声かけをしていきましょう。

 

「次取り返そう!」
「どんまい!」
「惜しかった!」なんでも構いません。

 

前回の記事で声を出すことの
メリットと少し関連してきますが、
言葉の力の影響力は試合の勝敗を
変える可能性を秘めています↓

 

ダブルスはペアの関係を良くすることで
シングルスよりもメンタル面で充実して
戦うことが出来ます。

 

あなたもこれから
ダブルスの試合に出るときは
ペアとの信頼関係の構築に力を
入れてください!

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

T-MENTAL創立特別記念

TーMENTAL創立
特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

 

この記事を書いた人