いくら練習しても勝てないワケ

 

✅練習では思うように打てるのに..

✅練習では悩んだことすらないのに..

✅もっと出来るはずなのに…

 

試合になると

✅まるで自分じゃないような
プレーの連発

✅技術がないとは
違うような感覚

✅どうしてこんなプレーを
したんだろうと後悔する

そんな経験ありませんか?

 

今回は練習量と結果が
比例しない理由について
お話しします。

 

この記事を読むことで

・テニスの競技性を
再認識することが出来ます。

・あなたが試合で力を発揮できない
理由が見えてきます。

・今後やるべきことが
明確になります。

 

逆にこの記事を読まないと

・何年経っても同じような悩みを
持ち続けることになるでしょう。

・練習だけ上手な
練プロでしか活躍出来ないでしょう。

・メンタルが弱いとわかりながら
対策出来ずに練習に時間を
費やすことでしょう。

 

試合が終わってから後悔するテニスを
繰り返したくない人はこの記事を
読むようにしてください。

 

テニスは不確定要素の多い競技

対戦相手、サーフェス、天候など
些細なことが違うだけであなたが
打ち返すボールは変化します。

 

そんな微弱な変化にも
対応しなければいけないとなると
テニスは複雑な競技です。

 

練習と試合の環境が一致しない

練習にはなくて
試合にのみ存在するものがあります。

 

それは
『本気の勝ち負け』です。

 

練習で本番を想定した
練習をしたほうがいい

 

こんな言葉を聞いたことありませんか?

確かに何もしないよりは
意識してやったほうがいいです。
多少なり効果はあるでしょう。

 

しかし、いくら意識付けしても
本番の負けたら終わりという体感は
練習で作り出すことは不可能です。

 

テニスは勝ちを求めると
難易度の高いスポーツ

ここまではテニスが
上手くいかないことが
多い競技ということをお伝えしました。

 

しかし、試合で
勝ちたい!と思ってプレーしますよね?
それ自体は何も悪くないです。

 

ですが、極端に考えすぎると
力みや焦り、さらには見えない恐怖から
プレッシャーが生まれます。

 

ではどうしたら?

以前のブログで勝ちへの意識を
薄めるアプローチについて
お話をしました。

 

それに付随する内容ですが、
上手くいかない原因を
細分化しましょう。

 

メンタルが…
原因が…で片付けるのではなく
なぜそうなったのか?

 

『Why』
を徹底追及してみましょう。

 

Whyを追及するコツ

日常生活で知らないことに出会ったら
疑問を持つ習慣を持ちましょう。

 

例えば、どうして左利きのサーブは
返しにくいのか?

 

バックハンドの返球が増えるし、
バックハンドを苦手にする人が多いから?

こんな感じで考えてみるだけでも
大きな効果があります。

 

もうワンランク上を目指す人は
疑問を持った瞬間に検索する習慣
身につけましょう。

 

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。

T-MENTAL創立特別記念

TーMENTAL創立
特別記念

私の公式ラインにて
テニス専用メンタル強化マニュアル
『CHANGE』期間限定
無料配布

今月いっぱいで配布終了予定
興味のある方は『友達追加』
クリックしてください。(^ ^)

 

友だち追加

 

 

 

 

 

この記事を書いた人