他人と違って何が悪い!正解は自分にしかありません。

ショートケーキとガトーショコラ
どっちが美味しいですか?

 

この質問に対して
答えってあると思いますか?

 

これって人によって
答えが違うと思いませんか?

 

このように正解が
明確にないものに対して

答えを見つけようと
していませんか?

 

日本人は正解が存在しない対象の
勉強方法を知らない

日本の教育は軍隊教育と呼ばれるように
型にはめ込むスタイル

はまらないものは全て違う。
と言ったように正解オンリーを
求める教育方針でした。

 

そのため、全てのものに
正解が存在することを前提に
考えてしまう傾向があります。

 

テニス全般、特にメンタルのように
正解があるようで無いものを身につけるのに
不慣れな状態とも言えます。

 

正解が無いならどうやって
メンタルを強化するの?

先に結論を言いますと
「正解ではなくベストを
求めましょう」

 

今戦っている対戦相手に
勝てるかどうかではなく

今できるベストのことを
やり切るかどうかを
考えるようにしましょう。

 

他人と比較して
正解を求めるな!


先ほど言った
『ベストを尽くせ』

このベストは
人によって表現できるレベルが
変わってきます。

だからこそ、自分のベストを
表現する力を高めると同時に
自分を信じることが大切です。

 

今後、メンタルを改善するために
求められること

日本人は良くも悪くも
人の目を気にしてしまいます。

 

だからこそ、自分を信じられなかったり
他人からどう思われるかに
気持ちが左右されてしまいます。

 

自分が自分であるために
自分のためにテニスをするために必要なこと

それは自己肯定力
高めていくことです。

 

・他人と自分が違うことに馴れる

・今まで意識してこなかった
小さな成功体験を認識する

 

日本の教育で身についた
潜在意識を変えていくことが
メンタル改善への道です。

そのためにまずは
自分のテニスを見つめ直してみてください。

 

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

 

公式LINE登録者限定
無料カウンセリング開催!

期間中に私の公式LINEに
登録して頂いた方限定

友だち追加

 

通常9,800円で開催するカウンセリングを
5名限定で0円でカウンセリングします。

競技人生で伸び悩む人、
悩みの相談出来る場がない人に
利用してもらえたらと思います。

登録は下記の友達追加を押した後、
『無料カウンセリング希望』
送ってください。

その後、日程調整をして
開催しますのでよろしくお願いします。

 

友だち追加

 

この記事を書いた人