後悔しないために 『捨てる勇気』を持て!

人って
欲張りな生き物です。

あれもこれもと同時にいくつも
追い求めてしまうものです。

自分に対して期待を
潜在的に持つことは
とても良いことです。

しかし、試合でのパフォーマンス
という点では少し損をしています。

 

試合の局所で集中力を高くプレーするには
思考をシンプルにする必要があります。

 

何を捨てるか決める

人がそれぞれ持っている
エネルギー量には
限りがあります。

 

有限であるエネルギーを
どう使うかポイントになります。

完全に捨てるというより
一旦置いておくといった感覚です。

 

 

課題の克服は
細分化して優先順位を決める

競技に打ち込めば打ち込むほど、
課題が多く見えてくるものです。

出来ることなら
全部一度に解決したい!

そう思ってしまうものです。
しかし、そう簡単にはいきません。

 

繰り返しにはなりますが、
人のエネルギーは有限です。

50%×2より
100%×1の方が
結果も効率も良いです。

そのためにもどれから
100%で臨むか順番を
決めておくようにしましょう。

 

『二兎を追う者は一兎をも得ず』です。

 

焦るような状態になる前に…

試合や大会の日が近づいてから
焦っては間に合いません。

わかっているかもしれませんが、
焦ったところで何も生まれません。

それどころかパフォーマンスの
質を下げるだけです。

だからこそ、目標設定の段階から
ゴールまでの道のりと課題を
明確にすることが必要です。

 

目標が達成できず後悔しないためにも
長い目で課題の優先順位と解決への
プロセスを立てましょう。

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

テニスメンタルマガジン発信中↓

期間中に私の公式LINEに
登録して頂いた方限定

友だち追加

 

テニスメンタルコーチが語る
ここだけは最低限抑えて欲しい
メンタルの基礎マニュアル

 

『CHANGE 』
をプレゼント!

近い将来、こちらは有料での提供を
考えているので無料で入手したい方は
今すぐLINEの友達追加をクリックして下さい。

 

友だち追加

 

この記事を書いた人