1日の終わり方がポジティブを作り出す!?

人がどうして睡眠をするか
知っていますか?

 

簡単に言うと
疲れを取るためです。

誰だって疲れたら
眠たくなるし
寝ますよね?笑

 

睡眠は翌日以降のパフォーマンスの質を
高めるためのリセットタイムでもあります。

 

今回は睡眠を使って
気持ちの切り替えと自己肯定感を
高める方法を紹介します。

 

終わりよければ全てよし

人は睡眠時間を使って
1日の出来事を無意識に
再生しています。

 

そして、睡眠の時間を使って
無意識のうちにイメージトレーニングを
行なっています。

 

そして、
1日の終盤に起きた出来事を
強く記憶するように出来ています。

極端な話、とても幸せな1日を
過ごせたとしても寝る直前で嫌なことがあると
マイナスを強く記憶して1日を再生します。

 

その結果、マイナスのイメージトレーニングを
無意識のうちに行なっていることになります。

 

寝る前の3分間を
有効活用せよ!

対策として寝る前の3分間を利用して
肯定的な記憶、ポジティブな記憶を
作るようにしてみてください。

 

それによって、プラスのイメージを
作りながら睡眠を過ごすことが
出来ます。

 

脳は現実とイメージの区別が
つかないように出来ています。

 

カレーライスを想像して
『辛い』と連想しただけで
下がヒリヒリした感覚になりませんか?

 

実際に食べていないのに味を想像すると
あたかも食べたかのように錯覚します。

潜在能力を蓄積させていく

今、仮に達成できない目標に向かって
頑張っているあなたへ。

 

自分が今まで勝てなかった
相手に勝つ姿

 

大会で上位入賞、昇級した時に
見える景色を想像してみてください。

 

今、具体的に想像できなくても
大丈夫です。夢見心地でも構いません。

 

何度も自分の理想の
ありたい姿を想像することが
潜在能力の蓄積につながります。

 

そして、イメージを繰り返すことで
ビジョンが具現化され、現実的に
目標を近づけることが出来ます。

 

寝る前の3分間を利用して
プラスイメージを構築してください。

 

 

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

 

テニスメンタルマガジン発信中↓

期間中に私の公式LINEに
登録して頂いた方限定

友だち追加

 

テニスメンタルコーチが語る
ここだけは最低限抑えて欲しい
メンタルの基礎マニュアル

 

『CHANGE 』
をプレゼント!

近い将来、こちらは有料での提供を
考えているので無料で入手したい方は
今すぐLINEの友達追加をクリックして下さい。

 

友だち追加

 

この記事を書いた人