壁や逆境はプレゼント!?

試合で勝ちたい!
上手くなりたい!
結果を出したい!

 

しかし、成長を目指して取り組む過程で
何度も困難にぶち当たることが
あると思います。

 

テニスの試合で相手がマッチポイントを
握られるともうダメかも…
思ったりしませんか?

向上心を持って取り組む以上、
苦しい瞬間を避けようとするのは
おそらく不可能です。

しかし、苦しい瞬間に出会うのは
テニスと真摯に向き合い向上したい!
思って取り組み続けたからではないですか?

 

逆境や壁に対する
イメージを変える

壁や逆境を迎えたくて
迎える人はいないと思います。

 

また、狙ってピンチを
作り出す人はいないでしょう。

 

ピンチで苦しい時に
マイナスのイメージを持っている人は
これから次のような考え方に変えてみてください!

逆境や壁は成長を
促すチャンスである!

 

成功体験を身につけ
肯定的なイメージを手に入れるチャンス

以前、私は
メンタルが強い人って
どんな人ですか?

 

このようなアンケートを
実施したことがあります。

 

そこで一番多かった意見が
『逆境でも諦めない』
『ピンチを乗り越えられる人』

このようなイメージを持つ人が
多かったです。

 

ピンチに必要なのは
乗り越えられるビジョンを描くこと

人は頭でイメージしたことを
現実に叶える生き物です。

 

ピンチでやばいと思った時に
そこから逆転できるビジョンを描くか?
負けてしまう姿を想像するか?

それによって気持ちの持ち方や
プレーの判断、心境が変わってきます。

 

ピンチの時に気持ちが
弱気になっても大丈夫です。

大事なのはそこから逆転できる
『まだまだできるぞ!』と思うこと。

 

そのためには逆境や壁にぶつかった時に
乗り越えた成功体験が必要になります。

 

だからこそ、逆境や壁に当たった時は
自分が成長できるチャンスだと思って
日々のテニスに取り組んでみてください。

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

 

テニスメンタルマガジン発信中↓

期間中に私の公式LINEに
登録して頂いた方限定

友だち追加

 

テニスメンタルコーチが語る
ここだけは最低限抑えて欲しい
メンタルの基礎マニュアル

 

『CHANGE 』
をプレゼント!

近い将来、こちらは有料での提供を
考えているので無料で入手したい方は
今すぐLINEの友達追加をクリックして下さい。

 

友だち追加

 

この記事を書いた人