ポジティブイメージが苦手な人にオススメのメンタルトレーニング 【バリードリコール】

大会や試合前に

・過去に負けた相手に
苦手意識を持ってしまう

・試合の勝負を決める重要な
場面で出番が回ってきて
プレッシャーを感じる

・調子、コンディションが
中々上がらず不安が拭えない

こんなネガティブイメージを
抱いた経験ありませんか?

そこで今回は試合前に出来る
頭の中に残る嫌な気持ちを
和らげるメンタルトレーニング
紹介します。

 

この記事を読むことで

・試合前のネガティブイメージが
和らぎます

・不安を和らげることで目の前の
試合、対戦相手だけ集中出来ます。

・見えないモヤモヤが
リラックスに変わります。

今回は試合の前にするトレーニングとして
オススメなので興味のある方は
続きの内容をご覧ください。

 

嫌な経験を和らげる
メンタルトレーニング
『バリードリコール』

今回紹介するメンタルトレーニングは
『バリードリコール』と呼ばれるものです。

意図してもいないのに
嫌な経験を想像してしまう状態だと
試合の瞬間的な場面で冷静で合理的な
判断を下すことが出来ません。

今回紹介する
『バリードリコール』は
嫌な経験、記憶を完全に
消去するものではありません。

しかし、嫌な記憶への意識をずらすことで
脳内の強烈なイメージを和らげることが
出来ます。

これからトレーニングのやり方の
ステップを紹介しますので
よく読んで実践してください。

 

step1 ネガティブリコール

過去の嫌な体験、恥ずかしい経験が
思い浮かんだ場合、それと類似した
経験を思い出してください。

例)
これからめっちゃ強い対戦相手と
戦うときに全然良いイメージが
思い浮かべられないとき

・過去に自分より強かった選手と
戦って負けた試合を振り返る

・全然良いパフォーマンスが
出来なかった時の試合を思い出す

 

このように似た経験、近い経験を
10個近く取り上げてください。

 

step2 スリーチョイス

step1で取り上げた経験の中から
3つランダムに選択してください。

選ぶ基準は特にないので
とりあえず3つ嫌な記憶を
選択してください。

そして、あなたが今感じる
嫌な記憶とstep1で取り上げた
記憶を交互に思い出すようにしてください。

過去の悪い経験同士を比較して
未来への思考を楽観的にする

このメンタルトレーニングでは
嫌な記憶同士を比較して

『あの経験よりはマシかな』
『同じようにはならないようにしよう』

このように過去の比較対象を出すことで
単独で持っていた嫌な記憶を
中和する効果があります。

実際にハーバード大学の研究でも
嫌な記憶を1つだけ思い浮かべたチームと
3つ並べたチームでは後者の方が
ネガティブレベルが下がった事例があります。

このトレーニングをやる前は1つしかなかった
強烈な嫌な記憶を『参照点』をずらすことで
ぼかすことが出来ます。

 

ネガティブな記憶が消せないワケ

脳にはネガティブな情報ほど
長く強く記憶として残る習性を持っています。

ちなみに心理学では
『ネガティビティ・バイアス』と呼びます。

一見不便とも言えそうな習性を
なぜ人間が兼ねそなえるようになったのか?

それは人類が成長する過程で
生き延びるためにリスクになることを
回避するためです。

我々も生まれて赤ちゃんの時は
何も知識がありません。

しかし、成長していく過程の中で
やっていいこと、ダメなこと
学びながら年齢を重ねていきます。

『ネガティビティ・バイアス』は
人が長生きするために身についた
生きるための知恵だと思ってください。

そのため、過去の嫌な記憶は
もう一度同じ過ちを繰り返さないように
するために脳に長く記憶として残ります。

 

試合の2日前までの
トレーニングとしてオススメ

今回紹介したトレーニングは
あまりポジティブなイメージを
作ることが苦手な人向けに紹介しました。

しかし、出来ることなら試合の前日、直前は
自分のベストパフォーマンス、試合で勝つシーンを
イメージして欲しいです。

そのため、このトレーニングは
試合の2日前までにして
直前はプラスイメージの構築に
力を注ぎましょう。

また、プラスイメージの構築については
以前書いた記事の内容を参考に
取り組んでみてください

頭の中で悪いイメージが生まれること自体は
不思議なことではないのでメンタルトレーニングを
活用して試合前までに心の状態を整えて
試合に臨むようにしてください。

それでは、最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

公式LINE新しくしました!

メンタルに関する記事、動画を
定期的に更新中!

スポーツメンタルカウンセラーRYOYA
公式ラインを新しくしました。

テニス選手以外の人にも向けた
内容をこちらのLINEで発信します。

興味のある方ご登録の方
よろしくお願いします。

友だち追加

この記事を書いた人